【A LIFE(アライフ)9話】キムタクドラマネタバレ感想!壮大と沖田の衝突編!

【A LIFE(アライフ)9話】キムタク主演ドラマの詳細ネタバレ&感想!深冬の手術を巡り、壮大と沖田が衝突!深冬を救うのはどっちだ!?現職大臣の手術、壮大はプレッシャーに打ち勝てるのか?木村拓哉主演連続ドラマ【A LIFE(アライフ)~愛しき人~】第9話が2017年3月12日(日)21時放送!第9話あらすじと予告動画、詳細ネタバレ感想をどうぞ。

豪華キャストで贈る【A LIFE~愛しき人~】、深冬の脳腫瘍が出血、壮大が現役大臣の手術執刀?一体どうなる?

早速みていきましょう!

スポンサーリンク

キムタク主演ドラマA LIFE(アライフ) ~愛しき人~第9話・あらすじ

深冬(竹内結子)の脳腫瘍が出血し、沖田(木村拓哉)はもっと早く手術方法を見つけていれば、と悔やむ。
そんなとき、壮大(浅野忠信)に現職大臣のオペの相談が持ちかけられる。難しいオペを日本初となるアプローチで行うことを決めた壮大は、大臣のオペが成功したら自分が深冬のオペをする、と沖田に宣言。

 

このプレッシャーに打ち勝てれば、愛する妻のオペをすることが出来るというのだ。その真意を問う沖田に、壮大は「俺はお前とは違う」と言い放つが…。

 

予告動画がこちら!

 

YUMIRU
深冬の手術を巡り、壮大と沖田が衝突!壮大は新アプローチで現職大臣の手術が成功すれば深冬の手術も担当すると言い出すけれど…?そんな大臣の手術で自分を試すようなことをして大丈夫…??

 

◆9話小ネタ&伏線&ネタバレまとめ!

 

第9話を見る前に…これまでのお話をおさらい!

 

スポンサーリンク

【A LIFE(アライフ)~愛しき人~】第9話・ストーリーネタバレ大公開

急変した深冬のもとへ急行した起きたと壮大。

大事はなかったが、皮膜外出血が起きていた。

オペは予定通り行うという壮大。

「俺しばらくここにいるから」と深冬のそばにつきそう壮大。

 

「もっと早くオペすればよかった」と後悔する沖田。

オペの方法の改善が必要。

今回の皮膜外出血により患部が見えづらくなり。かなり難易度が上がってしまったという。

 

院長のもとへ壮大は「自分が手術を行う」と断言しに行く。

「家族のオペができるのか。沖田先生のお父さんのミスも思いがけないミスがあったんだろう」

心配する院長に「沖田先生と僕は違いますから。深冬は僕が救います」という壮大。

 

井川のもとに、1人の患者が運ばれてくる。

患者の息子が井川に「先生はこの病院で一番の先生ですか?最高の先生にみてもらいたいんです」と懇願する。

 

脳神経外科学会の学会長が壮大にアドバイスを求めてきた。

壮大は「自分ならできる」と断言。

「患者は現職の大臣」と打ち明けられ、動揺する壮大。

 

沖田は父親の言葉を思い出していた。

「こんなんで人様の命を預かれるか」

井川が沖田に助けを求めてきた。

「最高の医者を」と言われ、ほかの病院では手を尽くしたものの、これ以上は手の施しようのない状態と言われたという。

 

銀行の融資担当者に「経営方針を変え、やはり壇上記念病院の名声を向上させたい」という壮大。

日本で症例のない、VIPのオペをすることが決まった、と話す。

このオペを成功させれば名声が上がるというのだ。

 

患者・安井のもとに向かう沖田。

「先生はこの病院で一番すごいお医者さんですか?絶対失敗しないですよね」と言われ、父の手術のことを考え、動揺する沖田。

しかし息子の熱意を受け止め、「しっかり手術をするから大丈夫」と力強く約束する。

 

「手のしびれがある」という深冬。

オペが終わったら医師としても復帰できるのか心配しているのだ。

「起きた先生は黙ってると怒ってるように見える。それとも何か本当に怒ってるの?」と話す深冬。

 

壮大はVIPのオペについて院長に話をしに行く。

「成功すれば恩も売れるし名声も上がる。しかしその逆ならどうだ。深冬のオペがあるのに、君と心中させる気か」

しかし壮大は大臣のオペができれば深冬のオペも成功させられると押し切る。

 

その話を壮大は沖田にもする。

「俺はお前とは違う。俺はどんなこんなんも自分の力で乗り越えてきた。この件は院長も了承済みだ」

「俺は俺で準備しておくよ」

「お前はもう、シアトルに帰ってくれていいから」

厄介払いするような壮大の言動に、不満が隠せない沖田。

スポンサーリンク

 

沖田の父親は無事に退院する。

「壮大と違ってまだまだ半人前だ。また寿司食いに来いよ。こいつのこと、よろしく頼むよ」と話す沖田の父。

「当たり前ですよ。俺とこいつの仲じゃないですか」

静かに病室を出ていく沖田。

 

「沖田先生でもうまくいかないことあるんだなぁ」と由紀に話しかける井川。

「うまくいかないことたくさん乗り越えてきた。だからいまの沖田先生があるんじゃないの?」

 

由紀にオペを手伝って欲しいと申し出る沖田。

しかし由紀は壮大のオペの準備からオペのために3日間おさえられていた。

ほかのナースでは由紀の穴埋めはできない、と話す沖田。それを本人に聞かれて気まずい雰囲気に。

ことごとくうまくいかない沖田…。

「気づいてないかもしれないけど、今まで君は結構優遇されてたんだよ」と羽村はいう。

 

厚生労働大臣のオペをすることになった壮大は挨拶に行く。

これまでに例のない難しいオペになると医師たちに説明し、鼓舞する壮大。

 

沖田は患者(安井)のオペに臨む。

動きの悪いナースを責める沖田。

必死にフォローする井川だが、沖田は一切優しさを見せない。

「もっと術野を想像して!今ので15秒無駄になった」

 

厳しい言葉を浴びせ続ける沖田に、井川は物申す。

「俺しか言えないので言いますけど、冷たすぎません?プレッシャー与えすぎです」

「人の命がかかってんだよ。それだけ難しいオペだって自覚してほしいんだよ」

「それだけじゃないですよね!!!!!いまの沖田先生には深冬先生のオペが出来るとは思えません!」絶叫する井川。

 

井川は「腕だけは確かなんで」と沖田の話をしだす。

深冬は「何かあった?井川先生みたいな年が近くて話せる人がいてくれて嬉しいんだと思う。沖田先生は井川先生がいないとダメかもね」と井川に話す。

「やですよ、あんなめんどくさいひと!」

 

患者の息子から将来本物を渡すから、と「一億円払います」という紙を受け取る沖田。

母ひとり子一人の世帯で、自分が苦労をかけすぎて病気になったのではと責任を感じていると話す患者の母。

沖田は微笑んで「大丈夫です」とオペの成功を約束する。

 

沖田の父はもう仕事に復帰していた。

またも父親に半人前と言われ、沖田はキレる。

「半人前半人前うるせえんだよ!俺だって俺にしかできないオペやってんだよ!」

「俺にしかできねえ?そんなこと言ってるから半人前なんだよ。相手が誰だってどんな時だってただひたすら準備をする。心をその一点だけに集中させるんだよ。一途一心だ。それが職人ってもんだろう」

しばし考え込んだあと、「病院もどるわ」と話出ていく沖田。

スポンサーリンク

 

沖田はきつく当たったナースに謝る。

「ごめん。やりづらくしてたの俺だった」

「いえ、私こそすみません。柴田さんにまだやれる準備があるんじゃないかって言われて…反省しました」

「ありがとう、ありがとう」沖田はナースの三条と由紀、井川にそれぞれお礼をいい、全員でオペの練習を続ける。

 

「壇上病院を乗っ取らせる話をひっくり返した」と榊原に打ち明ける羽村。

心の奥に不安を抱えているから、いつも不安定なんだと話す榊原。

「所詮、地盤が不安定ですからね。そのうち、自滅すればいい」と言い放つ榊原に羽村はいう。

「君に頼みたいことがあるんだ」

 

深冬に壮大は「自分で救える患者を見捨てたくない」と話し、「大変な時だったから顔が見たくてさ」という。

「最近、壮大さん特に優しい。病気にもなってみるものね。オペ、壮大さんなら絶対に大丈夫」と微笑む深冬。

 

沖田による、患者のオペが始まる。

そわそわと心配そうにウロウロする患者の息子。それを患者の母が優しくなだめる。

 

壮大はその頃、由紀を巻き込み、大臣のオペの練習をしていた。

 

オペナース・三条の動きもよくなり、スムーズに進む沖田によるオペ。

脳酸素が低下。三条は自ら判断し、指示出しを実施。

無事にオペは終了。「スムーズだった。ありがとう」

声をかけられ、嬉しそうにする沖田。

 

「ベルギーの先生は?一億円は?手術は?」

矢継ぎ早に質問する患者の息子。

「俺がオペした。こういうことしなくても、全員全力でやってるから。患者さんが元気になって出ていくのが、一番嬉しい」

「ちょっと待ってください。誤魔化さないでください!子供や貧乏人の言うことだからってなめんじゃねえ!」胸ぐらに掴みかかる患者の息子。

「この人です。この人がベルギーの王様を手術した人です」井川が割って入り、納得する息子。

スポンサーリンク

 

深冬の元へ向かう沖田。

「なんかいいことあった?」と聞かれ「いいオペができた」と答える沖田。

「よかったね。私の時もお願いします」といわれ、無表情になる沖田。

「またその顔!」「え?こわい?」

 

「羽村先生、留学しようと思ったことないんですか?」

「海外に行くってことは日本でのつながりを断つってことだから。沖田先生みたいにいく人はなかなかいないから」

「羽村先生はいずれ副院長と経営やっていくんですよね?」

「いや…」

そう話す羽村に動揺する「自称:羽村派」の医師たち。

羽村は冗談だと取り繕う。

 

壮大による、大臣のオペが始まる。

みながモニターで見守る中、沖田は複雑な表情で見つめる。

手術は無事に成功。

これには大臣の側近たちも大喜び。

「このプレッシャーの中でこれですからね…壇上壮大ここにありって感じですね」井川は絶賛。

「ほんとにすごい」沖田も一言。

 

記者会見で華々しく成果を報告する院長・副院長。

羽村はその様子を厳しい目で見守っていた。

 

「おつかれ。見事だったよ。あのプレッシャーの中でオペするなんて、信じらんないよ。やっぱすごいよな…壮大は」と声をかける沖田。

「そう言われると嬉しいよ。カズ、深冬のオペ、俺がやるよ」

 

オペ前に一時的に自宅に戻っている深冬に壮大は切り出す。

「オペは俺がやる」

「どうして?バイパスは沖田先生の方がふさわしいって…」

「今回の出血でオペが難しくなった。神経なら俺のほうが得意だ。バイパスも十分に準備する」

 

「沖田先生!あの、すみませんでした。失礼なこと沢山行っちゃって。救ってくれて、ありがとうございました」

「こちらこそ、ありがとうございました」

「あの…ボク勉強が苦手なんです。今からでも大丈夫ですか?沖田先生みたいなお医者さんになりたいんです!」

「あのさ…テストとか何点くらい?」

「算数のテスト…59点でした」

「いやいや、全然大丈夫でしょ!ともき君くらいのとき、俺もそうだった。医者になりたいって思ってから勉強したの」

「ほんとですか?がんばります!ありがとうございました!」

 

近くでにやにやしている井川。

「おれ算数100点しかとったことないです」

「今日井川先生のおごりね~」と由紀はいなす。

スポンサーリンク

 

 

「動機が純粋ですよ!医者に憧れて医者になる。あの子は沖田先生に出会えてよかったですよ」

「本当に一生懸命だったもんね。母親を助けたいって。ぼくもさ、母親のことがあったから彼の気持ちがすごいわかって。だからといって医者が俺だから、って部分じゃなくて。一途一心に、ね。父親に気づかされた」と沖田も答える。

「目の前の準備を一生懸命に、ってことですね。それに気づけた沖田先生は父親のオペしたときとはもう違います」由紀は話す。

 

「ねえ、りな?お父さんのこと好き?」娘に話しかける深冬。

「だ~いすき!」「そうだよね。大好きだよね…」

複雑な表情で考え込む深冬。

 

沖田は壮大が執刀するかもしれないとわかっていても準備をやめない。

壮大もまた、オペの準備に打ち込んでいた…

 

自宅では壮大の記者会見の様子がTVで流れていた。

娘はTVと実物、お父さんが二人いる!と困惑したようだ。

「壮大さん、話があるから後で病院寄るね」という深冬は思いつめた様子だった…

 

院長のもとへ羽村が向かう。

院長に折り入ってお話が、と榊原を招き入れる。

そこで見せたのは、壇上病院の経営企画書だった。

 

深冬は沖田と壮大を集め、話をし始める。

「私のオペのことで、お願いがあります。私のオペは、起きた先生にお願いしたいです」

「何でカズなんだ!腕がいいからか!失敗しても、殺されてもカズならいいからか!」

 

「壮大くん、君を解任する」

「どういうこと?」

「この男は病院を乗っ取ろうとしていたんだ」

院長はある書類を深冬を見せる。

桜坂中央病院に壇上病院を飲み込ませる計画を進めていたことを明示した契約書だった。

 

「うそ…」深冬は崩れ落ちる。

「お前何やってんだよ…」沖田も驚きを隠せない。

「お義父さん違うんです、これは…」言い訳をしようとする壮大に院長が一喝。

「今すぐこの病院をでていきなさい!!!」

叫ぶ院長に動揺する壮大、ショックを受ける深冬。

 

次回へ続く!

スポンサーリンク

【A LIFE(アライフ)~愛しき人~】第9話・YUMIRUの感想

思いがけない羽村と榊原の大きな裏切り…

深冬の大切なオペが控えた大事な時期に、よくもやってくれたな…という感じですが、思惑通り、壮大には大ダメージ。

 

壮大はもう自分の味方は誰もいない、と悲観してしまうでしょうね><

深冬は父親が大好きな娘を思い、「父親が母親を殺す」構図にならないよう、万が一に備えて、沖田にオペを依頼したのではないでしょうか。

壮大は単に「沖田の方が信頼できて、沖田の方が好きだから」と勘違いして、荒れ狂ってしまっていましたが…

 

桜坂中央病院に壇上病院を飲み込ませる計画には、院長も激おこ(○`ε´ ○)!!

まぁ当たり前ですよね、壮大がやろうとしたことは完全に病院に対しての裏切り行為ですからね…

 

これ以上、手術前に精神的に深冬に負担をかけないでほしいですね><

沖田のことを大切に思っていたとしても、最後に深冬が選ぶのは、家族。これは間違いないと思います。

 

次回はついに最終回!ドキドキしながら待ちましょう…!!

スポンサーリンク

 

★動画で【A LIFE】をみるなら簡単登録★

 

31日間無料で無料期間中の解約もOK♡

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べ新作海外ドラマ本数が圧倒的に多い!

 

新作レンタルにも使える600円分のポイントがもらえるので見逃し視聴にどうぞ♡

 

様々な作品が安全・便利に見られてお勧め!気になる方はお試し視聴、してみてはどうでしょうか^^?

 

◆9話小ネタ&伏線&ネタバレまとめ!

 

★【A LIFE~愛しき人~】振り返り一覧★

 

視聴率まとめ&最終回ネタバレはこちらから↓

 

最新話のロケ地・撮影場所はこちらから↓

 

出典:http://www.tbs.co.jp/ALIFE


スポンサーリンク


↓ぽち♡応援してもらえると喜びます♡↓

 

▼カルテット、逃げ恥など人気作品をチェック!▼

≫U-NEXTはこちらをクリック!

31日間の無料期間が超太っ腹!映画、ドラマ、アニメなど見放題作品が満載♡電子書籍に雑誌も読める!
▼Feedly(緑色のボタン)で最新更新情報を取得♡▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)