恋がヘタでも生きてます/最終回結末&原作完全ネタバレ!全員両想いに?

【恋がヘタでも生きてます】最終回結末&原作完全ネタバレ!全員両想いに?過去の残酷なトラウマや様々な事件を乗り越えた先に待つ結末はハッピーエンド?美沙、千尋、佳介、司の恋は?【恋がヘタでも生きてます】最終回原作結末ネタバレ!全員両想いに?早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

 

【恋がヘタでも生きてます】最終回原作結末ネタバレ!全員両想いに?

 

ついに【恋がヘタでも生きてます】がドラマ化!

 

▼ドラマ版ネタバレはこちら!▼

 

▼キャスト情報はこちら!▼

 

▼原作はこちら!▼

 

▼【恋がヘタでも生きてます】ドラマ版が無料登録で最新話まで全話見放題!!!▼

U-NEXTなら31日間無料で超多彩な作品が見放題!超太っ腹!見なきゃ損です♫

U-NEXT31日間無料トライアルはこちら!

 

≫「恋ヘタ」動画を無料で全話見る方法!

 

それでは原作ネタバレ、みていきましょう!

 

美沙と千尋、それぞれの悲劇

茅ヶ崎美沙は仕事一筋でどんな仕事もこなし、営業成績も1位という完璧なキャリアウーマン。

そんな仕事のできる美沙には主任に昇進する話が持ち上がっており、美沙も有頂天。

ルームメイトで親友の榎本千尋もこれを聞いて大喜び。

 

しかし、美沙にはたった一つ欠点が…。

それは、「恋愛に奥手すぎる」こと。

25歳にして、交際経験なし、もちろん男性経験もなし。

 

しかし、そんな美沙にもついに運命の出会いが!

公園でのジョギング中に出会ったイケメンに心惹かれていく美沙。

 

ついに美沙は自分の名前を伝え、こう切り出す。

「あなたの名前を教えて。あなたのこと、もっと知りたい…」

するとなんと、彼はキスで返す。

 

雄島佳介と名乗った美沙の想い人も、美沙のことが気になっていたのだ。彼は27歳。

仕事も恋愛も絶好調すぎる美沙。

 

しかし、ついに主任に昇格すると思っていた美沙にまさかの宣告!

なんと、公園で出会った運命の人・佳介は、アメリカの一流企業から引き抜かれた天才営業マン!

そして美沙に内定していたはずの「新しい主任」という地位をかっさらっていってしまったのだ。

 

せっかくの昇進話は立ち消え、美沙の怒りは頂点。

佳介に当たり散らし、ようやく始まったと思った恋愛にもピリオド…美沙は意気消沈。

 

一方で、美沙のルームメイトで親友・千尋にも悲劇が…

なんと婚約者が、浮気していたのだ!

その現場を目撃した千尋は、愛していた、ラブラブだと思っていた婚約者にずっと裏切られていたと知り、大ショックを受ける。

スポンサーリンク

 

美沙と千尋、それぞれの和解

美沙は主任補佐として佳介のサポート役になるも、態度は刺々しい。

主任に自分が昇格するはずだったのに、とまだ恨んでいるのだ。

 

しかし、日々の業務で佳介と接するうち、美沙の考えは少しずつ変わっていく。

佳介の仕事ぶりに、尊敬の念が湧き始める。

 

そんな折、佳介に「付き合いたい」と言われ、喜びつつも素直になれない美沙。

佳介は美沙を抱きしめてキスし「君が欲しい」と言うが、恋愛経験がない美沙は逃げ出してしまう。

 

一方、千尋のもとには浮気者の婚約者・時藤仁が…。

千尋は「度とあたしの前に現れないで!」と叫ぶが、仁はその場で土下し、「君のいない人生なんて考えられない!二度としない!」と誓う。

 

千尋はそんな浮気者の常套手段にまんまとはまり、仁を許してしまうのだった…

スポンサーリンク

 

千尋と司のある関係の始まり

まさか復縁するとは思わず、仁にもらった婚約指輪を川に投げ捨てていた千尋。

指輪を探し出そうと慌てて投げ捨てた川に向かい、捜索するも、溺れてしまう。

 

溺れた千尋を救ったのは、美沙の社内のライバルであり、佳介とも何らかの因縁がある様子の営業二課主任である橋本司だった。

2人はこの出会いを機に会って話す仲となり、ある日、結局見つからなかった千尋の婚約指輪を買うためにアクセサリー店へ2人で行くことに。

 

しかし、その帰り道にまさかの事態が…

2人は偶然、仁と浮気相手のデート現場を目撃してしまうのだった。

これで二度目。もうしないといったのに…仁の裏切りを知りショックを受けた千尋は、ふらふらと道路へ飛び出してしまう。

 

車にひかれそうになったところを間一髪で司に助けられた千尋は司に尋ねる。

「男の人ってなんで浮気するの…?」

 

司は面倒くさいと思いつつもフォロー。しかし、千尋はこう叫ぶ。

「あたし、マグロなんだって!仁くんがそう言ってたって…!」

自分に性的な魅力がないから浮気されてしまうのでは、と苦しむ千尋。

 

二度も浮気現場を目撃しつつも、仁を一途に思う千尋をみて司は邪悪に笑う。司はあることを思いついたのだ。

「俺にいい考えがある」と切り出し、仁と浮気相手が体の関係だけであることを指摘。

そして…「俺が男を骨抜きにする抱き方を教えてやる」と千尋に提案する。

 

司を信じきっている千尋はその提案に乗ることに。

しかし、司の提案は千尋を思ってのものなのではなく、目的は良い家柄の千尋の人脈と、都合のいい女としての千尋の体だけだった…。

スポンサーリンク

 

美沙の恋の行方

美沙は佳介のフォローもあり、進めていたプロジェクトの成功を収めた。

 

佳介は美沙に優しく声をかける。

「俺は君のこと信じていた。よく頑張った」

 

美沙は最初、佳介を自分の会社のポジションを危うくする「ただの邪魔者」としか思っていなかった。

しかし、美沙は仕事面だけでなく、精神的にも佳介に支えられていたことに気がつく。

 

「主任…好きです。逃げたくない…変わりたい」

素直に打ち明けた美沙を抱きしめる佳介。

こうして2人は晴れて恋人となることができた。

スポンサーリンク

 

美沙の危機

美沙と佳介は商談で黒川卓実に会う。黒川は美沙の大学時代の知り合いだった。

昔のよしみで商談は成立し、黒川は美沙を飲みに誘う。

 

しかし、酒に強いはずの美沙が気づくと、そこはホテル。

酒に薬が仕込まれていた。黒川の罠だったのだ。

 

美沙は足を縛られていて動けない。慌てて佳介に電話をかける。

居場所をなんとか伝えようとするも、黒川に電話を取り上げられてしまい、電話は切れる。

 

黒川が美沙に無理やりキスをして、今にも…という時に、ドアにノックが。

ホテルのスタッフが「異臭騒ぎがあった」と部屋を訪ねてくる。

黒川が開けると、そこには佳介が。

 

安心して涙を流す美沙をみて、佳介は最悪の状況を想像。

顔色が変わり、別人のように黒川をぼこぼこに殴り倒す。

 

美沙はいつもと違う様子の佳介に戸惑いを隠せない。

2人は気を失った黒川を置いてホテルをあとにし、佳介の家へ行く。

 

佳介は美沙に言う。

「君が、ひどいことされたと思った…それで冷静でいられるほど、俺はすごい男じゃない…無事で本当によかった…」

 

美沙は自分のことをそこまで大切に思ってくれていたのかと、嬉しく思う。

これまで、美沙が痛がったこともあり、2人に体のつながりはなかった。

美沙は佳介との前に黒川に犯されてしまうのがどうしても嫌だと感じたことを告白。

 

そうしてその夜、2人は初めて結ばれた。

司の嫉妬とスカウト

司と千尋の奇妙な関係は続いていた。

千尋を司はいつもどおり誘うが、「仁の家に泊まる」と断られ、司はなぜかいらいらしてしまう。

 

千尋は仁と寝るも、何か物足りない。

千尋は司に教わった技を試し、仁は大喜び。

次第に仁の要求はイスカレートしていき…千尋は、「自分はバカにされている、見下されている」と感じるように…

 

千尋はようやくここで仁が正真正銘の「ダメ男」であると気づくが、もう結婚に備えて仕事をやめてしまった身。

もし分かれてしまうと今後の生活に不安が残る。

千尋が泣きながら家に帰ると、そこには司がいた。

 

号泣する千尋を司は抱きしめる。

もともと千尋の能力を買っていた司は、千尋の話を聞き、自分の会社にスカウトする。

「営業なんて無理!」と千尋は驚くが、司は「自分で自分の限界をつくるな!」と背中を押す。

 

「変わりたい」そう感じた千尋は、美沙や司がいる会社で働くことを決意するのだった。

スポンサーリンク

 

佳介への疑惑

美沙はある日、出来心で佳介の預金通帳を盗み見てしまう。

そこにはなんと、「残高81億」の数字が…!!

佳介がいまだに前の一流企業から給料を受け取っていることに気づき、「産業スパイなのでは!?」と疑念を抱く。

 

そのことを会社で司に相談すると、翌日にも上司に報告すると言い出してしまう。

美沙は苦悩する。佳介がもし本当にスパイだったら、仕事をとるのか、佳介をとるのか…。

 

美沙は、佳介を選ぼうと決めた。

それは仕事を第一としてきた今までの美沙には考えられない感情だった。

 

しかし、真相はこうだった。

佳介の正体は、他の社員の能力やモチベーションを上げるためのテコ入れとしての「派遣社員」。

アメリカの一流企業から1年契約で派遣されてきていただけだったのだ。

 

美沙は佳介が1年でアメリカに帰ってしまうことにショックを受けるが、佳介は美沙のことを第一に考えると約束。

「自分にはもったいなさすぎる人だ」とずっと不安に感じていた美沙は、佳介の言葉に感動。

「これからも、よろしくお願いします」という美沙に、佳介はプロポーズしたのだった。

スポンサーリンク

 

「人を愛する資格なんかない」

こんなにも佳介のことを想いながら、仕事を続けたいという考えからすぐに返事できなかった美沙。

そんな美沙を佳介は返事を待つという。

美沙は優しい佳介にまたしても卑屈になってしまう。

「ひと晩考えても私はキャリアを捨てるのが怖かった。わたしなんか、誰かに愛される資格なんてない…!」

 

佳介は「どんな人間にも、人に愛される資格はある」といい、婚約指輪を差し出す。

「改めて、俺と結婚してください」

美沙が「はい」と返事をしようとしたその瞬間、司が指輪をはたき落とす。

 

司は言い放つ。

「プロポーズだと?よくもそんなことできるな…!おまえに人を愛する資格なんかない!」

司と佳介、2人の心には共通の、苦く残酷な過去の出来事が暗雲のように立ち込めていた…

スポンサーリンク

 

佳介と司の過去の記憶とそれぞれの試練

佳介は9年前の出来事を写真を見せながら美沙に語りだす。

写真に写っているのは大学1年生の頃の佳介と司、そして美しい女性。

彼女の名は依林(イーリン)。

 

佳介と司はニューヨークの大学で中国からの留学生である依林と出会い、いつも行動を共にしていた。

すぐに佳介と司は依林のことが好きになったが、「3人」でいることが心地よく、どちらかが抜けがけをすることもなく過ごしていた。

 

しかしついに、2人は依林に告白することを決意し、ある夜、依林を呼び出す。

依林は待ち合わせ場所に向かうため、近道の路地を抜けようとする…

 

その夜、依林は2人の前に現れず、1週間後に遺体で発見された。

監禁され、複数の男たちに暴行され、最後はゴミのようにハドソン川に投げ捨てられたという…。

 

事件後、佳介は自ら銃で頭を撃ち、自殺しようとするも未遂に終わる。

療養施設に入れられ、カウンセリングを受ける日々。

 

ある日、すべての希望を失い、自暴自棄になっている佳介に依林の祖母が会いに来て、こう話す。

「あの子は、あなた方お二人のおかげで本当に幸せでした。依林が生きていたら自分の分も一生懸命生きて、他の誰かを誠実に愛し、誰よりも幸せになってほしいと言うはずです」

しかし佳介は「無理だ!罰を与えられた方がよっぽど楽だ!」と返す。

 

しかし依林の祖母は続ける。

「これがあなたの罰なのです!どんなに辛くても、無理だと思っても、幸せにおなりなさい。それが彼女の想いに報いることです」

佳介は自らが越えなければならない自らの試練を知る。

その後、佳介は復学し、一流企業に入社。そして、今に至る…

 

話を聞き終えて、美沙は佳介の優しさの理由を理解した。

美沙は答える。「プロポーズの返事、答えはYES。一緒に幸せになろう」

 

司は依林の事件を機に冷酷な人間に変わってしまった。

佳介は「どんなに無理だと思っても、自らが幸せになること」を自らの試練とした。

司は佳介とは違い、「自分幸せにならないこと」で、一生罪を背負っていくつもりなのだ。

 

佳介は思う。

「司を救いたい。司はこのままじゃ、本当に不幸になってしまう…」

スポンサーリンク

 

千尋の想い、そして決断

千尋は仁に別れ話を切り出す。

仁は激高。「別れたい?…まさか、他に好きな男ができたのか?そいつともう寝たのか!」

千尋は答える。「そう。でも、仁くんもまだ浮気してるよね。あの女と結婚すれば?」

 

千尋は仁への恋心が消えたわけではないが、司への想いがそれ以上になっていることに気づいたのだ。

千尋は婚約者である仁と別れたことを、「重い」と言われるのが怖くて司に言い出せない。

 

司とは都合の良い関係が続いていく。

司は婚約者がいる千尋であれば恋人になりたいと言い出さないので楽、と考え、千尋は司との関係を続けながらチャンスを見守ることに…

 

そんな折、まさかの事態が。

千尋が妊娠したのだ。避妊はしていたのに…果たして父親は仁と司、どちらなのか…。

 

仁とは別れた手前、今更結婚はできない。司にいえば関係を切られてしまうだろう。

千尋は八方塞がりの状態。母になることを決意するも、心には不安が渦巻く。

 

千尋から話を聞いた美沙は司に詰め寄る。

自分に素直になれ、という美沙を司は軽くあしらう。

 

美沙は「万が一、千尋が妊娠でもしたらどうする」と吹っかけるが、司はまさかの返答。

司はこどもを作れない体。もし妊娠したのなら確実に婚約者のこどもだ、というのだ。

これを聞き、美沙は大ショック。

 

スポンサーリンク

 

千尋の悲劇

司が子どもができない体とは知らず、千尋は司に妊娠を打ち明けてしまう。

「遊びは終わりだ。婚約者の元に戻って、二度とここに来るな!」

司に言い放たれ、千尋は思う。

「用済みになったから、私は今捨てられた…」

 

司の家から追い出され、感情が爆発した千尋は、ふらふらと車道に飛び出す。

千尋は心の中で思う。

「私はただ大好きな人のお嫁さんになって、平凡だけど大切な毎日を暮らせたらいいと思ってた――」

そして、車に跳ね飛ばされる千尋…

 

その場に駆け付けた美沙が司を呼び出す。

頭から血を流し倒れている千尋を見て、司は動転する。

千尋は司を見て「こんな私のことを心配してくれてる。これで十分…」と思い、救急車で病院へ運ばれていく…。

 

美沙は司に打ち明ける。

「千尋は、婚約者とはとっくに別れてる。報われないってわかってても、いつもあんたのこと想ってた…」

そして続ける。「もう病院には来ないで。一生、現実から逃げ続ければいい…」

 

その頃、急にニューヨークの本社に呼び出されていた佳介は日本を離れ、会社に戻るよう命令されていた。

佳介は美沙のために退職し、日本に残ると伝えたが、そうすれば美沙の会社を潰すと脅されてしまう。

大変な時に佳介がおらず、美沙は不安で押しつぶされそうになっていた…

スポンサーリンク

 

涙の最終回

千尋は母子ともに命の危険はなく、無事だった。

美沙もそのことを素直に喜ぶが、ニューヨークにいる佳介と連絡が取れず、不安が募っていた。

 

その頃、中国・西安では、依林の墓前で命日でもないのに、佳介と司が偶然鉢合わせていた。

佳介はアメリカ帰りに寄ったという。

司は前に進めない自分に逡巡し、ここに来たという。

 

佳介は司を説得する。

「自分が自分を許さず、誰も愛さず生きたことを、人を拒み続けたことを、死んでいく最後の瞬間に本当に後悔しないと思うか?俺なら、勇気や愛を出し惜しみしたことを、絶対に後悔する!」

佳介は続ける。

「もういい加減、自分を許してやれ!顔をあげて前に進め!!」

 

日本に帰る直前、佳介に本社から電話がかかってくる。

佳介は、自分が管理していた本社の顧客データを全て消去してきていた。

激怒する本社に、佳介は交換条件を提示する。

 

佳介の退職書類にすぐサインして日本に持ってこなければ、情報はライバル会社に売るというのだ。

本社としては、従わざるを得ない。佳介の方が一枚上手だった。

 

そして、ようやく佳介が美沙と千尋がいる病院に到着。

佳介が美沙を病室の外に連れ出すと、司が病室に入ってくる。

 

入社1カ月で産休育休は無理だといって、司は退職書類を差し出す。

「サインした方が橋本さん的には助かるんだよね…」と千尋は書類にサイン。

そして、「もう帰って。もう、橋本さんに関わらないから安心して」と司を追い出そうとする。

 

「もう1枚書類があるんだけど」そう言って司が差し出したのは…

既に司の欄は埋まっている「婚姻届」だった。

 

千尋の目に涙が浮かぶ。

司は打ち明ける。「俺は昔、愛した人を事故で亡くした。一生、誰も愛さないって決めたはずなのに、今回のことがあって、あんたの存在が俺の中でどれだけ大きくなってたか思い知らされた」

 

司は続ける。

「…俺はこんな性格だから二度と言わない。だからよく聞いてくれ」

「俺と結婚してくれ!」

 

千尋は戸惑う。「でもあたし、どっちの子かわかんない赤ちゃんが…」

司は言い切る。「俺の子だよ!たとえ婚約者の子でも俺の子として責任もって育てる!」

 

千尋は司との結婚を決意する。「わたし、橋本さんと結婚する!」

そこに美沙と佳介が飛び込んでくる。

「千尋ー!おめでとー!」「司、男になったなー!」

 

そして半年後。

佳介は日本でコンサルティング会社を新たに起業。

美沙はめでたく主任に昇格。

 

そしていよいよ、美沙の引っ越し、千尋とルームシェアをしていた部屋を去る日。

美沙と千尋は一生の仲を確認し、それぞれの愛する人のもとへ。

 

「僕のお姫様、お迎えに上がりましたよ。さぁ、行こうか」

「うん!」

佳介に微笑んで、美沙はこう思う。

(わたし、今日も、恋がヘタでも生きてます!)

 

【恋がヘタでも生きてます:完】

スポンサーリンク

 

 

【恋がヘタでも生きてます】感想

いかがでしたでしょうか?

 

少女漫画にありがちな「恋がヘタな女子たちの奮闘記」ではあるものの、メンズキャラクターの重い過去、佳介と本社のやり取りなど、物語を深くする要素が満載で、最終回はとにかく感動!!

 

美沙たちの恋は早々に成就し、後半は千尋の恋に焦点を絞る、というのもストーリー展開的には斬新ですよね。

(普通、主人公の恋の方を引っ張りますよねw)

恋愛面は「美沙編」「千尋編」で分かれているイメージなので、とても読み進めやすいです。

 

個人的には千尋がいじらしくて可愛くてたまらない…ので、幸せになってくれて本当によかったです^^*

(世間的にはこんな二股はNGでしょうけどw)

 

実写版では千尋の婚約者を寝取ってしまう内田理央ちゃんの小悪魔ぶりが最高ですね♡

そして美沙と千尋が、かわいすぎる~~~♫

少女漫画に見劣りしない美貌って、うらやましすぎますw

 

佳介はこれでもか!!!っていうくらい王子様キャラなので、田中圭さんにノックアウトされてしまう方も多いのでは?w

司の「ワル男」ぶりも、ファンがたくさんつきそう♡

 

原作の感動の最終回を、ぜひ実写でも再現して欲しい!

期待しています!!!♡

 

以上、原作最高、実写も最高な予感♡の、【恋がヘタでも生きてます】完全ネタバレでした♡

 

▼【恋がヘタでも生きてます】ドラマ版が無料登録で最新話まで全話見放題!!!▼

U-NEXTなら31日間無料で超多彩な作品が見放題!超太っ腹!見なきゃ損です♫

U-NEXT31日間無料トライアルはこちら!

 

▼原作はこちら▼

 

▼ドラマ版ネタバレはこちら!▼

 

≫「恋ヘタ」動画を無料で全話見る方法!

 

漫画では、ここには書ききれない4人の心情の細かい描写がてんこ盛り!原作が気になる方は、ぜひぜひ読んでみて♡きゅんきゅんしすぎて、眠れなくなるかも?です!w

 

 

★注目の春ドラマ情報・全まとめ!★

 

★【貴族探偵】の最終回結末ネタバレ&原作情報はこちら★

 

【光のお父さん】情報はこちら★

 

★【コードネームミラージュ】キャスト&最終回ネタバレはこちら★

 

★【犯罪症候群】情報はこちら★

 

★【恋がヘタでも生きてます】情報はこちら★

 

★【CRISIS】のキャスト紹介はこちら★

 

★女同士の壮絶バトル!【女囚セブン】情報はこちら!★

 

★亀梨和也主演【ボク運】情報はこちら!★

 

★桐谷美玲がダメ女子を演じる【見た100】情報はこちら!★

 

★【リバース】豪華すぎるキャストあらすじ情報はこちら★

 

★【マッサージ探偵ジョー】KAT-TUN充電期間の中丸雄一がソロ主題歌!★

 

★【お前はまだグンマを知らない】爆笑ポイントまとめ!★

 

★【笑う招き猫】情報はこちら!★

出典:番組HP

スポンサーリンク

↓ぽち♡応援してもらえると喜びます♡↓

 

<2017春ドラマ主題歌は名曲揃い!>

 

▼あなたのことはそれほど主題歌▼

▼貴族探偵主題歌▼

▼リバース主題歌▼

▼CRISIS主題歌▼

▼母になる主題歌▼

▼フランケンシュタインの恋主題歌▼

 

▼カルテット、逃げ恥など大人気作品をチェック!▼

≫U-NEXTはこちらをクリック!

31日間の無料期間が超太っ腹!映画、ドラマ、アニメなど見放題作品が満載♡電子書籍に雑誌も読める!
▼Feedly(緑色のボタン)で最新更新情報を取得♡▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)