吉高由里子&榮倉奈々&大島優子【東京タラレバ娘】第1話ネタバレ感想

吉高由里子&榮倉奈々&大島優子出演の連続ドラマ、【東京タラレバ娘】が2017年1月18日放送スタート!

1月18日放送、第1話あらすじ・予告動画紹介、ネタバレ感想をどうぞ。

見逃した方も今後見るか検討したい方も内容を振り返したい方も要Check!

 

「あの時あーだったら」「もっとこうしてれば」とタラレバ言いながらアラサー三人娘が右往左往する【東京タラレバ娘】のあらすじ&ネタバレ感想!

吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんの演技にも注目です!

それでは、早速みていきましょう!


スポンサーリンク

 

吉高由里子&榮倉奈々&大島優子出演【東京タラレバ娘】第1話あらすじ

倫子(吉高由里子)は、30歳・独身・彼氏ナシの売れない脚本家。 高校時代からの親友でネイリストの香(榮倉奈々)、居酒屋の看板娘・小雪(大島優子)と、 日々、“女子会”と称して集まっては好き勝手言い合いながら酒を飲むのが一番の楽しみだ。

ある日、倫子はドラマ制作会社の早坂(鈴木亮平)から「大事な話がある」と食事に誘われる。 8年前、ADでまだまだダサかった早坂に告白され、フッたことのある倫子だったが、今や早坂は立派なプロデューサー。

香と小雪は、「告白どころか今回はプロポーズされるのでは?」と煽り、倫子もまんざらでもなく感じていた。だが、そんな倫子たちの前に金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が現れる。

KEYは、タラレバ話ばかり繰り広げる倫子たちに対し、何の根拠もないタラレバ話で盛り上がる「タラレバ女!」と言い放つ……!

 

YUMIRU
急に「タラレバ女!」とか叫ばれたらきっついなぁ…早坂に食事に誘われた倫子、彼との進展はいかに!?

 

「厳しい現実、だけど真実。」

「女子のリアルが刺さりまくり!共感度100%の水ドラ」

 

として銘打たれている【東京タラレバ娘】。

世間の女子票を集めることができるのか!?

四捨五入でアラサーになる私も、期待が高まりますw

 

第1話のネタバレの前に…【東京タラレバ娘】情報をおさらい!

 

【東京タラレバ娘】第1話視聴率&評判・クチコミ情報はこちらから↓

 

気になる【東京タラレバ娘】原作結末&最終回の展開はこちらから↓

 

【東京タラレバ娘】出演3名の髪型の秘密と素顔暴露情報はこちらから↓

 

もう第1話は視聴済み!という方はこちらをどうぞ♫

【東京タラレバ娘】第2話あらすじ&ネタバレ感想はこちらから↓

 

それでは【東京タラレバ娘】第1話、ネタバレいってみましょー!

 

吉高由里子&榮倉奈々&大島優子出演【東京タラレバ娘】第1話ネタバレ大公開

スポンサーリンク

 

早坂に食事に誘われた倫子、彼との進展はあるのか?

突如現れたKEY、「タラレバ女!」と叫ばれる3人、反応はいかに?

早速みていきましょう!

 

神社で仕事に恋に、うまくいきますようにと願う倫子(吉高由里子)。

傍らには香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)。

 

オリンピック決定時には「結婚して子供も…」なんて話をしていたのに…

いつの間に4年も経ったのか、今から素敵な人に出会って子どもができるには一体何歳になっちゃうの!?

騒ぐ3人がぶつかったのは無愛想だけどイケメンの男性(KEY)。

 

倫子は正月早々、仕事。

脚本家、独身の倫子。

古いアパートに一人暮らし。

彼氏がいたのは何年前かわからないほど。

 

「売れたい、今年こそ」

そう願う倫子だが、なかなか思うようにいかない日々。

それでも負けずに今日もパソコンに向かう。

 

倫子は職場に脚本を持ち込み、「感情が入っていかない」とダメ出しされる。

監督に言われたとおり脚本を修正した倫子だが、「打ち合わせ通りじゃダメだ」と否定されっぱなし。

昔、倫子とADとして一緒に仕事をしていて、現在プロデューサーの早坂。

早坂は倫子に何かを伝えようとするが、柴田がそこに割り込んできて、話は聞けないままに。

柴田は「早坂が倫子に気があり、だからまだ早坂は独身なのでは?」と倫子をけしかける。

 

実は、早坂は8年前に倫子に告白し、フラれているのだ。

8年前はダサかった早坂だが、今は仕事もできるプロデューサー。

「悪くないかも!」と盛り上がる倫子に、早坂からメールが。

なんと、「2人で食事に行きませんか?大事な話があります」というお誘いが!

舞い上がり、高校からずっと一緒で何かとすぐ集まる香と小雪にすぐさま連絡する倫子。

男絡みの話題がある場合のみに発令される、「第4出動」を

 

そして小雪の店に集合する3人。

「全然ダサくない!」

「もう告白どころか、プロポくるんじゃね?」

と盛り上がりまくる香と小雪。

プロポーズがきたらどうする!?と2人に問い詰められ、「好きになれれば…ってところからかな」と答える倫子。

 

倫子は小雪の父が営む居酒屋に2人といる時間が一番好き。

ずっとこのままでもいいかも~と考えていたら、目の前に「タラ&レバ」の不思議なキャラクターが現れる。

「早坂を逃したら、一生独身だ!!」とタラとレバに叫ばれ、そこで目が覚める倫子。

「一人オリンピックはいやぁ~!」

スポンサーリンク

 

<オープニング>

胸の谷間アピール・9センチヒールのキメキメスタイルで早坂との食事会に挑む倫子。

8年前とは違う大人の自分アピール!である。

 

おしゃれな店・店員との態度、申し分ない早坂に惹かれ始める倫子。

そこで早坂は8年前の惨めな告白について倫子に謝る。

ワインメニューが読めず、「一番安いやつを」などと店員につげ、倫子が引いているシーンが回想される。

でも今は全然ダサくない!もはや早坂が輝いて見えてくる倫子w

 

その頃小雪の居酒屋にはKEYが来店していた…

 

話も合い、食事の好みも合い、盛り上がる倫子。

「ダサ男くんが8年の時を経て、王子様になって迎えに来てくれたのでは!?」

と止まらない倫子の妄想…!

 

帰り道、「大事な話があったのでは?」と切り出す倫子に、早坂は「笑わないできいてほしいんだけど…」と切り出す。

 

「告白してうまくいかなかったら仕事しづらくなるんじゃないかって思うと…」

「あの頃の倫子さんと同じくらい若くて、こっちはおじさんだし…」

「好きなんだ…柴田マミちゃんのことが!」

 

そう、大事な話とは、早坂が柴田に告白したいがどうすれば?という相談のことだったのだ。

 

倫子、大ショックのまま小雪と香の待つ居酒屋に直行。

「話してて楽しかったし、笑顔がキラキラしてて、不覚にもときめいた…」

とショックを隠しきれない倫子。

 

「大丈夫だと思いますよ。マミちゃん早坂さんのこと褒めてたし」

と大人らしく早坂の後押しをしてしまったと落ち込む倫子。

 

「あの時告白を受けてれば…」という倫子に「自分磨きしてたらもっといい男が現れるよ」と香。

 

酔ってKEYにぶつかった倫子。

騒ぐ3人にKEYは「女子でもないのに女子会だの、現れてもいない男の話、タラレバ話ばっかり。一生女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ」と一括され、撃沈。

最後に「ごゆっくり。タラレバ女さん」と吐き捨て、店を出るKEY。

 

KEYをどこかで見たことがあると考える3人。

初詣でぶつかった男性だと思い出し、「若くてちょっとイケメンだからって!」と更に酒が進む…。

 

翌日、気を取り直して仕事に打ち込む倫子。

原稿に「たら」や「れば」が現れるたびにKEYの言葉を思い出し、仕事も思うように進まない…。

 

ネイリストの香の元に気分転換にネイルをしに行く倫子。

金色のネイルがおすすめという香に、金髪のKEYを思い出すから嫌だとホログラムにしてもらう倫子。

合コンももう1年以上もいっていないことに焦り始めた2人は「今夜は男と飲む!」と小雪を招集。

 

「相席フレンチ」へ向かう3人。

女性は飲み物無料、今日はどんな男性でもいい、男と飲む!と盛り上がる3人。

 

その頃、小雪の父が営む居酒屋「呑んべえ」にKEYは再来店していた。

「あいつらいないと静かでしょ。あのメガネは娘なんだ」とKEYに打ち明ける小雪の父。

 

待てどくらせど席に男性が来ないとしびれを切らす3人。

「男性の方はまだですかね?」ときく3人に店員は言いにくそうに「今いる男性はみなさん20代の女性を希望されてまして…」と答える。

飲み直しと言わんばかりにまたいつもの居酒屋へ逆戻り。

 

そこでKEYと再会する3人。

3人はKEYのせいであんなところへいった、と詰め寄るが「いい年した大人は自分で立ち上がれ。もう女の子じゃないんだから。おたくら」とまたも言い捨て、KEYは去っていく。

「えっ!?もう私たちって、女の子じゃないの!?」とショックを受ける3人。

 

いつもの居酒屋で飲みつぶれていたところ、またも倫子の前に謎のキャラクター、タラとレバが現れる。

彼氏がいる柴田に告白してフラれた早坂に倫子が優しく声をかければいい!とタラとレバはけしかける。

タラとレバにけしかけられたこともあり、倫子は「自分から言ってみようかな。早坂さんに」「この前の食事会、楽しかった」「また昔とは違う恋愛ができるかなって」と真剣に2人に告げ、2人も「そっか」とそれを優しく受け止めた。

 

「大人には大人の恋愛のやり方があるはず」と強く前に踏み出す倫子を、歩道橋の上からKEYが優しく見つめていた…

 

早坂に「お話があるんですけど」と切り出し、仕事場の屋上に呼び出す倫子。

「今度食事でもどうですか?」と誘う倫子に「もちろん!」と答える早坂。

「早坂さんのこと、好きになってもいいですか?」と言おうとしたところ、柴田が駆け寄ってくる。

 

そこでなんと…

「僕たち、付き合うことになったんだ」と告げる早坂。

「私は早坂さんが倫子さんのこと好きだと思ってたからびっくりして~」と言う柴田に、「いやいや」という早坂。

見えない矢が倫子にぶすぶすと刺さる。

早坂がいなくなったあとで柴田から彼氏と別れたことを聞き、倫子は「早坂さんのこと好きになったの?」と質問。

「だって、嫌いじゃないし、とりあえず?」という柴田。

愕然とする倫子。

「自分で立ち上がれって、だって、立ち上がり方がわからない…」

 

落ち込む倫子を励まそうと集まる香と小雪。

「いつもあんまりイケてないカップルや家族連れを上から見てたけど、みんなすごいなぁ」

「だって好きになった人と付き合って結婚って奇跡じゃん」

あまりイケてない旦那さんと結婚した女子や、合コンや婚活に一生懸命な女子をいつも馬鹿にしていた3人。

 

「私たちはいつもベンチにいただけ。一番いいところでホームラン打てると思ってた」

「いざバッターボックスに立ったらかすりもしないで空振り三振。それが今日の私」という倫子。

「自分から告白しようとしたのは自分からバッターボックスに立ったということでは?ベンチから出ていない私たちにはチャンスすらない」と香と小雪は倫子を励ます。

 

例え話から火がつき、本当のバッターボックス(バッティングセンター)に立つ倫子。

「今日から本気出す!」という倫子に触発され、香と小雪も参戦。

にっくき金髪、KEYを思い浮かべながらひたすらバットを振り続けた倫子はついにヒットを打つ。

KEYはそれをそっと影から見ていた…。

バッティングを終えた3人には差出人不明のビールが準備されていた。

(店員ではないという。KEYでは…?)

 

3人は前向きに進もう、と意気込み、雑誌の「大人の恋特集」を購入する倫子。

そこにはモデルとして特集されているKEYの姿が…!?

次回へ続く!!

スポンサーリンク

 

吉高由里子&榮倉奈々&大島優子出演【東京タラレバ娘】第1話・YUMIRUの感想

見終わりました、【東京タラレバ娘】第1話!

 

いや~、金髪のKEYのパンチが効いた回でしたねw

そして、倫子、香、小雪の3人の関係性が良く表現されていた回でもあったと思います。

高校からずっと一緒にタラレバ言いつつ、周囲を少し見下しながら愚痴ってきた3人。

女子なら、「あ~私もやってたなぁ…」という方も多いのでは?

私もちょっとドキッとしたり、しなかったり…w

痛い!w

 

でも、今回は初回ということもあってか倫子の性格は少し描かれていたものの、倫子と香と小雪のそれぞれの性格や考え方の「差、違い」についてはあまり描かれていなかったように感じます。

3人の「共通点」を初回で描き、これからそれぞれの「個性」を描いていくのかな?と期待しています。

3人がそれぞれどんな恋をし、どんな悩みを抱え、どう打ち勝っていくのかが気になりますね♡

 

予告では、次回の【東京タラレバ娘】第2話では香の恋模様が描かれそう…

そして倫子とKEYがキスしちゃいそうなシーンも!?

急すぎない!?ちょっとまってーw

 

というわけで、次回も楽しみに待ちましょう♡

それではっ!

 

★【東京タラレバ娘】情報のふりかえり★

 

【東京タラレバ娘】第1話視聴率&評判・クチコミ情報はこちらから↓

 

気になる【東京タラレバ娘】原作結末&最終回の展開はこちらから↓

 

【東京タラレバ娘】出演3名の髪型の秘密と素顔暴露情報はこちらから↓

 

もう第1話は視聴済み!という方はこちらをどうぞ♫

【東京タラレバ娘】第2話あらすじ&ネタバレ感想はこちらから↓

出典:東京タラレバ娘公式HP


スポンサーリンク


↓ぽち♡応援してもらえると喜びます♡↓

 

▼カルテット、逃げ恥など人気作品をチェック!▼

≫U-NEXTはこちらをクリック!

31日間の無料期間が超太っ腹!映画、ドラマ、アニメなど見放題作品が満載♡電子書籍に雑誌も読める!
▼Feedly(緑色のボタン)で最新更新情報を取得♡▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)