草彅剛主演【嘘の戦争】4話ネタバレ感想/女代議士から裏金5億を奪え!

草彅剛主演【嘘の戦争】4話ネタバレ感想/女代議士から裏金5億を奪え!

草彅剛主演の鬼気迫る演技で話題の関西テレビ連続ドラマ【嘘の戦争】。復讐相手に次々と迫り、破滅させていく【嘘の戦争】の浩一。

はたしてその復讐の終着点はどこに…?第4話では第3話で落とした視聴率を回復させることはできるのか?

草彅剛主演の【嘘の戦争】第4話、浩一の次なるターゲットは?

早速みていきましょう!

スポンサーリンク

草彅剛主演【嘘の戦争】第4話・あらすじ

30年前に浩一草彅剛)を刺した五十嵐甲本雅裕)、うその証言をした弁護士の六反田飯田基祐)、幼い陽一(後の浩一)にうその証言を強要した刑事の三輪六平直政)と立て続けに復讐(ふくしゅう)を果たした浩一。隆(藤木直人)は、一連の関係者の失脚に、30年前の事件の生き残りである“千葉陽一”が関係していると推察し、本格的に調べを進める。しかしオーストラリアに住んでいるという千葉陽一の正体はつかめず、いら立ちを募らせていた。

そんなある日、家族が殺害される少し前、当時大学生だった2人の男がOLを死なせた件について調べていた浩一は、興三市村正親)にもみ消しを依頼した人物が代議士の四条綾子ジュディ・オング)だと気付く。また綾子が溺愛する息子の司(森岡豊)が事業にことごとく失敗し借金だらけだと知った浩一は、占い師に扮したハルカ水原希子)と協力し、綾子に近づいていく…。

一方、楓(山本美月)に結婚を前提に付き合いたいと晃(安田顕)の目の前で交際を申し込んだ浩一は、興三に会えないかと楓に提案する。その頃、晃は兄である自分を過小評価し、厳しい言葉ばかり並べる隆に怒りを覚えていた。浩一は、そんな晃を上手くなだめつつ、経営コンサンタントらしくニシナコーポレーションの未来を案じ、「隆さんにも渡して下さい」と事業戦略を記録したUSBを晃に託すが…。

 

YUMIRU
今回のターゲットは代議士!彼女の息子は浩一の家族皆殺し事件に何か関係があるようで…?また、浩一は隆の妨害を避けつつ、楓との結婚話で思惑通り興三に近づくことができるのでしょうか?

 

草彅剛主演【嘘の戦争】第4話・予告動画

予告動画内で浩一が「知っていながら何もしないのは一緒に殺したのと同じことだ!」と叫んでいますが、その真相は…?

 

そしてハルカが楓に近づき、浩一の言動に対し警戒するよう忠告する場面も…どうなる三角関係!

 

第4話も波乱の予感!!

第4話のネタバレの前に…【嘘の戦争】情報を復習!

 

【嘘の戦争】第1話のあらすじ&ネタバレ感想はこちらから↓

 

【嘘の戦争】第3話あらすじ&ネタバレ感想はこちらから↓

 

【嘘の戦争】豪華キャストとあらすじ、最終回展開についてはこちらから↓

 

【嘘の戦争】2話視聴率と【A LIFE】との視聴率対決はこちらから↓

 

それではみていきましょう!

スポンサーリンク

草彅剛主演【嘘の戦争】第4話・ネタバレ

今回は事件に関わったとされる当時大学生だった男性の母親がターゲット!

彼女は息子の罪を興三に頼んでもみ消したという。

それがいったい浩一の家族皆殺し事件とどう関わっているというのか?

早速見ていきましょう!

 

隆は五十嵐に一ノ瀬を知っているか、何者なんだと写真を持って迫るが、五十嵐は突如暴れだし、面会は打ち切りになるかと思われた。

その瞬間、五十嵐は「千葉陽一…」と呟き、隆は驚いた表情になる。

 

楓の母親の葬儀の写真を確認し、その頃の関係者を洗い出す浩一。

「シジョウ」という政治家の名前に注目する浩一。

 

千葉陽一が当時の関係者を罠にはめていると隆は興三の秘書である七尾に告げるが、七尾は信じない。

もう一度千葉陽一について調べるように指示する隆。

 

三瓶について調べ始める隆。

そのころ三瓶は施設で浩一とハルカと一緒にいた。

勘違いし、2人に結婚式はいつ?ときく三瓶。

浩一とハルカは呆れた顔になる。

 

バー800のマスターが浩一に四条綾子について詳しい情報をくれた。

綾子は長年頼ったトツガワという占い師が死んでしまったという。

大事な決断をするときほど、占いやなんかに頼りたがる政治家もいる、と浩一。

「それなら、これからのお前の未来は俺が決めてやる」

 

綾子と息子は後援会の場でもめていた。

息子は新事業の金の無心を母親にしていた。

突如現れた占い師に扮したハルカは綾子を「ここは危険です!」と連れ出す。

するとドローンが綾子の息子に水をぶっかけて去っていった。

 

助けてもらったお礼を言う綾子だったが、ハルカの手元にある数珠を見つける。

亡くなった師匠から託されたものだと告げるハルカ。

「トツガワ先生のお弟子さん?」と驚いた顔をする綾子。

 

トツガワ先生が綾子を案じていた、何か悩みはないかと聞きだすハルカ。

議員会館の部屋の構造をあたかも霊視したかのように話すハルカ。

「西側の窓に黄色い花を飾るように」とアドバイスする。

綾子はハルカを占い師として信用し始める。

 

「新しいプロジェクト、なんで俺に教えてくれないんだ?」と晃は隆に詰め寄る。

そんなに俺が信頼できないか?と晃は憤るが、隆は取り合わず去っていく。

 

浩一に相談する晃をとりなす浩一。

「隆さんはも焦ってるんじゃないですか?」となだめるが、「俺は誰にも期待されてない。二科家にも社員にも馬鹿にされてるんだよ!」と晃は激昂。

「では、これを隆さんに見せてください」と何かを差し出す浩一。

二科コーポレーションの経営状況を分析し、今後の経営戦略をまとめた資料が入ったデータを渡したのだ。

「いつの間にこれを…」と感心する晃。

 

綾子はハルカを呼び出し、感謝する。

「トツガワ ハルミ」という占い師としてハルカを信頼する綾子。

息子の司の新事業にも出資してくれる人が現れたという。

ハルカと出会ってからいいことばかりの綾子。

こうして綾子を取り入れることに成功した。

 

なかなか連絡をくれない浩一に楓は連絡をする。

浩一は風邪気味だ、楓の部屋に行かせてくれないかと甘えるが楓は女子寮のようなところだからと一度は断る。

しかし、すぐ部屋にきていいと連絡が。

 

「目標は1週間以内にプロポーズ、そして会長に会う」という浩一に「結婚詐欺の才能まで…」とハルカ。

続けて、綾子の息子の司は想像以上にダメな奴、と浩一に報告するハルカ。

浩一の家族が殺される少し前のOL殺害事件に司がかかわっているという浩一。

「親子ともども地獄見せてやる」

 

隆は三瓶のいる施設に寄る。

「千葉ってやつ知らないか?」と聞く隆に、子供たちは「浩一なら知ってるけどな」と話す。

「浩一の名字は…?」と話しかけたところで、三瓶が帰ってくる。

千葉陽一のことを聞き出そうとする隆にあからさまに警戒心を見せる三瓶。

「プライベートなことは一切答えられない」と隆を追い返す。

 

三瓶は隆を追い返したことを浩一に告げる。

浩一は隆の兄と仕事をしていて…と三瓶に説明する。

「また訪ねて来たら、千葉陽一のことは何も知らないって言っていただけますか?」と依頼する浩一が去ったあと、複雑な表情を見せる三瓶。

 

司と飲んでいたハルカは「母親に近づく目的は?」と聞かれてドキッとする。

しかし、司は金だよな、と浅はかな考えしかもっていなかった。

司から聞き出したところによると、綾子は相当金をため込んでいて、それは表に出せない金で億単位らしい。

それは自宅の金庫に保管されているというところまで聞き出し、ハルカは浩一にそれを報告。

 

税務庁の担当者としてバー800のマスターが綾子の自宅を訪ねる。

不正なんかしていない、金庫を開けるからついてきて、という綾子。

ハルカは前日に「お金に気を付けるように」と忠告しておいたので問題なかった。

「わざわいはまだ続きます。あの人はまた来るでしょう。綾子先生の大切なものを奪い取るまで」とハルカは警告する。

 

楓の部屋を訪ねる浩一。

熱をはかり、口の中をチェックし、問題ないと楓も判断。

「よかった~、たいしたことなくて」と心底安心した顔を見せる楓。

母が亡くなった時、ただの風邪だったのに…だから心配で…と語る楓。

そんな楓に浩一はキスをしかけたが、「今日はやめとこう。風邪をうつしたら困る」とストップ。

「お父さんに会えないかな?ちゃんと話したいんだ」と浩一…

スポンサーリンク

綾子は一日中税務庁の者に見張られているとハルカに相談する。

帳簿は完璧。しかし帳簿には記載されていない金がある。

隠し場所はハルカにも言わず、車で出かける綾子。

信頼してないわけじゃないけど、という綾子に「いいえいいんです、隠し場所は誰にも言わない方が」とハルカも寄り添う。

 

綾子がついた別荘には、変装した浩一がいた。

新しく入ったと嘘をつく浩一を少し警戒し、自分で荷物を運ぶと告げる綾子。

大金を厳重な金庫にしまい、一安心した様子の綾子…

 

隆が家に帰ると、晃が来ていたと妻から告げられる。

晃からもらったと浩一が作った経営戦略に関するデータをわたされる。

隆の娘は晃が遊んでくれるからと大好きだという。

 

隆は母親の葬儀で号泣した晃がうらやましかったと妻に告げる。

「優しい人だと思う」という妻にうなづきながら「ただ、致命的に経営者に向かないんだ」という隆。

 

司に連絡し、新事業の出資ができなくなったと告げ、一方的に電話を切る浩一。

司は5000万の出資がパアになったと母親の綾子に相談する。

金をすぐに返さないと訴えると出資者に言われたと泣きつく息子に、綾子は別荘の金を持ち出すことに。

「司、今回が最後よ。帳簿に一切載ってないお金をこういう時のためにつくっておいたの」という綾子。

しかし、金庫をあけると、そこは空っぽだった。

 

そこに電話が。

「5億円のへそくりってすごいですね~」

「泥棒だなんて人聞き悪いなぁ。領収書、そこにあるでしょ」

「世界の恵まれない子供たちに寄付させていただきました」

と告げる浩一。

 

以前、綾子が街頭の募金活動を見て「偽善よね。大っ嫌いああいうの」と言うのを浩一は聞いていたのだ。

「司、お前は依然OLを殺した。そしてその罪をお前(綾子)は他の家族を殺害ことで隠ぺいした」

さらに浩一は、「大学生たちが若いOLを無理やり連れ込もうとして、頭を打ったOLが死亡した。私がもみ消しを…。計算外だったのは、付き添いの若い医師、千葉だ。OLの遺体に抵抗の跡があると判断。警察に伝えようとした。千葉を説得しようとしたが、無駄だった。殺害しようとした夜、想定外に妻子もいたが妻子もろとも殺害、一家心中に見せかけた」という興三の録音テープ(2話で入手したもの)の冒頭を電話越しに聞かせる。

 

「そのバカ息子の未来のためなら、3人の何の関係もない家族が殺されたって関係ないっていうのか」と憤る浩一。

クシマってやつに俺はそそのかされて…と反論する司。

「ついそそのかされて殺した?」

 

「関係ない人が巻き込まれたって聞いて私は二科に抗議したの」という綾子に「抗議した?それで?ほかに何をした?」という浩一に固まる綾子。

「知っていながら何もしなかったのは殺したのと同じことだ!」

「たった5億じゃ償いにもならないな。地獄に落ちろ」と浩一は電話を切る。

司は出資法違反で訴えられたと綾子に告げ、その場に崩れ落ちる。

 

電話を受けた興三は綾子の件を聞かされたのか、険しい顔で隆を呼びつける。

 

ハルカは楓に「いいお天気ですね」と近づく。

「あの、実はあたしの兄が女医さんとの結婚を考えてて。仕事と結婚の両立って難しくないですか。結婚はされてるんですか?」と尋ねる遥に、

「そうですね…できたらいいですけど」と答える楓。

浩一が楓に挙げたネックレスを指し、「それくれた人とですか?」というハルカに「ええ…」と照れる楓。

「そんなものでつる男は気を付けてくださいね。それ、ネットで数百円で買えるんで」と言い捨ててハルカはその場を離れるが、「わたし、何やってるんだろう…」と呟く。

 

社長室には隆と興三がいた。

「六反田が顧問弁護士になる際、一度事件の詳細を話して聞かせたことがあった」

「それを録音されていた…四条がそれを聞かされたらしい」と興三は告げる。

「録音をこの世から抹消する。場合によってはそれを手にした人間も」という興三。

「ちょっと待ってください。陽一を知る人物を見つけたんです。誰も殺されたわけじゃない。ぼうりょくをつかわずにかいけつできるはずです。30年前の過ちをまた繰り返すつもりですか!?」と隆は詰め寄る。

「1週間だけ時間をやろう。それで録音の所在が明らかになれば六車は必要ない。ただし、1週間だけだ」という興三に焦る隆。

 

バーではカズキが「今社長(隆)が読んでいるのがコレ。メールも極秘文書もこのパソコンにあるものならなんでも見れちゃいます」と嬉しそうに浩一に報告。

「俺は納得してないぞ!なんで寄付なんかした。あれ本当なのか?家族を殺された復讐って話」とバーのマスター。

「だからそういってるじゃないですか。それ相応の報酬はだすんで」と浩一はバーを出ていく。

「復讐なんか協力できるか。でも二科は金になる。だから浩一に協力するふりをしてどこかで金を奪う。いいな」という百田(マスター)に、「はい…」とカズキは戸惑いながらも答える。

 

隆は陽一と一ノ瀬との関係性を調べる。「お前は誰なんだ…」

 

そのころ、浩一は関係者と司が告げた九島について調べていた。

「これが終わったらやっとお前だ…二科」

 

次回へ続く!

スポンサーリンク

草彅剛主演【嘘の戦争】4話ネタバレ・YUMIRUの感想と今後の展開予想

今回は浩一の父親が殺される原因となる事件を引き起こした代議士の息子とその母親がターゲット。

莫大な金を奪い、息子を訴えるという2人の社会的地位を抹殺する形で復讐は決着しました。

 

いよいよ楓と浩一との結婚話が進みそうになり、ハルカの嫉妬もエスカレートしてきましたね。

わざわざ楓に会って嫌味を言うなんて…

五十嵐の事件の際も弁護士としてパーティーに同席していたし、今後も浩一の指示で二科家の前に姿を現す機会があるかもしれないのに。

詐欺師としてよりも女心から生まれる行動が勝ってしまっているところがまだ、一流になり切れていない証拠ですよね。

そこがかわいいんですがw

 

そして今回気になったのがバーのマスター、百田のセリフ。

復讐には付き合えない、というのはどういうこと?

散々人をだますことには付き合ってきたはず。

浩一がターゲットを殺すとでも思っているのかな?

浩一までも出し抜こうとするところは流石、浩一の師匠。

今後の2人の関係、騙しあいにも注目です!

 

今回、隆のセリフにもありましたが、浩一は「身の破滅」はさせるものの、ターゲットを殺したりはしない。

されが浩一の復讐の美学のようにもみえますが、最終ターゲットの興三はどうでしょうか…?

 

次回は司をそそのかしたというOL事件の真の黒幕、九島がターゲットですね。

どのように復讐するんでしょうか…?

それではまた次回!

 

微妙な表情の機微や騙しあいのスリルはぜひ動画で!

見逃し視聴でリアルタイム放送に追いついちゃいましょ★

 

↓【嘘の戦争】見逃し視聴ならU-NEXT!↓

【無料お試し期間】31日

【お試し終了後の月額料金】1990円+税

 

【嘘の戦争】ドラマ情報一覧はこちらから

 

【嘘の戦争】第1話のあらすじ&ネタバレ感想はこちらから↓

 

【嘘の戦争】第3話あらすじ&ネタバレ感想はこちらから↓

 

【嘘の戦争】豪華キャストとあらすじ、最終回展開についてはこちらから↓

 

【嘘の戦争】2話視聴率と【A LIFE】との視聴率対決はこちらから↓

 

出典:嘘の戦争公式HP

 

スポンサーリンク

↓ぽち♡応援してもらえると喜びます♡↓

 

<2017春ドラマ主題歌は名曲揃い!>

 

▼あなたのことはそれほど主題歌▼

▼貴族探偵主題歌▼

▼リバース主題歌▼

▼CRISIS主題歌▼

▼母になる主題歌▼

▼フランケンシュタインの恋主題歌▼

 

▼カルテット、逃げ恥など大人気作品をチェック!▼

≫U-NEXTはこちらをクリック!

31日間の無料期間が超太っ腹!映画、ドラマ、アニメなど見放題作品が満載♡電子書籍に雑誌も読める!
▼Feedly(緑色のボタン)で最新更新情報を取得♡▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)