愛してたって、秘密はある3話ネタバレ感想評判!!黎を追い詰めるのは誰!?

愛してたって、秘密はある3話ネタバレ感想評判!!黎を追い詰めるのは誰!?なぜ今になって…!?黎の周りをうろつく謎の影!!目的は一体!?7/30放送!愛してたって、秘密はある3話ネタバレ感想評判!!黎を追い詰めるのは誰!?早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

愛してたって、秘密はある3話あらすじ!

福士蒼汰×川口春奈主演【愛してたって、秘密はある】の3話がついに放送!!

 

深まる謎、黎に迫る黒い影…いったい誰が、なんのために?

 

>>愛してたって、秘密はある最新話まで無料視聴する方法はこちら

 

早速あらすじからみていきましょう!

 

公式HP

奥森(堀部圭亮)の車が海から引きあげられたという連絡を受けた黎(福士蒼汰)と晶子(鈴木保奈美)。

二人が警察に行って確認すると確かに、11年前に二人が罪を隠すために海に沈めた車だった。

 

警察に海岸の崖から車が転落したと匿名の通報があって捜索したところ、奥森の車が発見されたという。

黎は、奥森の車を発見させるための通報だと直感。

 

そして彼は、結婚を決めた自分に誰かが罪を思い出すように突き付けているのではないかと不安になる。

それでも爽と別れられず「父親は15歳の時に失踪した」と嘘を重ねたことを晶子に打ち明ける黎。

そんな黎に晶子は「嘘を最後まで突き通せば幸せになれる」と言う。

 

爽は立花(遠藤憲一)の反対をよそに、黎と結婚式の準備を進めていく。

黎は、立花に父親のことを正直に話して謝りたいと告げる。そんな黎と爽の会話を、果凛(吉川愛)がこっそり聞いていて…。

一方、爽は立花に、黎の気持ちを伝える。

 

しかし立花は、「嘘つきには幸せになる権利も、誰かを幸せにする資格もない」と、頑なに黎を受け入れようとしない。

爽は晶子に、父親が結婚に反対していることを話す。

 

爽の父親が神奈川地検の検事であると知った晶子は、激しく動揺し、驚きの行動に出る…!

そんな中、不気味なメール、謎の侵入者と、黎を脅かす出来事が次々と起こり…。

スポンサーリンク

愛してたって、秘密はある3話ネタバレ!!

警察に向かう晶子と黎。

 

そこで、引き上げられた車の写真を見る。

見つかったのは車だけだった。遺体はどこへ・・・

 

「通報してきたのって誰なんですか?」黎が野瀬に問うがわからなかった。

その質問に野瀬は少し不思議に思っていた。

 

帰宅後、黎は車の鍵について晶子に伝えようとするがやめる。

「偶然見つかるなんてね。」母親のその言葉に黎は

「こんな偶然あるわけないよ。なんで今更こんなことが起きるのか、ずっと考えてた。

・・・俺が結婚を決めたからだよ。自分が何者か思い出せって言いたいのかも。」

 

それでも爽に真実を話せなかったことを晶子に伝える。

「嘘を真実にする方法がひとつだけあるわ。

 

最後まで突き通すの。そうすれば幸せになれる。」

その言葉に逆に苦しめられる黎だった。

 

後日、黎は爽と結婚の話を進める。

その時に以前の戸籍謄本のことを尋ねると、家のドアに挟まっていたという。

 

「一瞬パパがやったのかなと思ったけど、そんな回りくどいことせずに直接言ってくるだろうし。」

どうして?と聞くと、あいつは信用ならないと言っていたと爽は話した。

 

黎は、父親に直接謝ろうと爽に伝えた。

その背後には何故か果凛が・・・

スポンサーリンク

 

後日、黎は風見の元へ行き結婚式の乾杯の挨拶を頼んでいた。

そこで父親の車が海から引き上げられたことを話す。

 

併せて車の鍵についていた病院のキーホルダーの話を聞く。

そこで創立50周年記念の限定品で1個1個にシリアルナンバーがついてあることを知り、風見の番号を聞くとNo.92だと。

それは黎に送られてきた鍵についていたキーホルダーの番号と一緒だったのだ。

 

その頃、爽は父親と口論になっていた。

黎が立花に自分の父親のことで嘘を付いていたことを問い詰めた。

 

「パパの許しなんていらない」そう父親に怒る爽だった。

爽の母親がなぜそこまで反対するのか立花に問うが、なにか思う節があるようだった。

その夜、黎は香坂に就職の紹介をしてもらうLINEをしていた。

 

するとそこに1通のメールが。

「土の中  海の底」

そしてスクロールしていくと

「かくれんぼは、もう終わり」

と書かれていた。

 

と、そこに警察が強盗が入ったと通報があったと言い訪ねてくる。

「なにか盗まれたとか。」

その言葉に庭に埋めた父親のことを思い出し、少し動揺する黎だったが、いたずらだったのだろうと警察はすぐに帰って行った。

次々と起こる出来事に黎はどうすることもできなかった。

スポンサーリンク

 

後日、黎は神奈川地検のエレベーターで立花と出くわす。

そこで父親のことでの嘘を謝るが、立花はなにも反応することなくその場を去っていく。

そこへ虎太郎が「結婚認めてもらえてないとか?」と問うと「まあ。」と答える黎。

 

その言葉に、少し笑みのような顔を浮かべる虎太郎だった。

後日、黎は就職の相談をしに、爽が修習中の香坂法律事務所を訪ねる。

そこでは香坂弁護士が境美夜の相談を受けていた。

 

その事件の内容は、境と同居していた親友の五十嵐菜月を殺害した容疑で起訴され、懲役3年・執行猶予5年。

菜月は自分で手首を切っており、境が発見した時には助からないと思い首を絞めた為、安楽死扱いとなり実刑にはなっていなかった。

 

そのことを恨む菜月の母親が境の元を度々訪れ、「あんたが殺したんだ」と迫ってきていたのだ。

その事件を黎と爽は気にかけていた。

 

黎が帰宅すると、そこには果凛が。

いつものように黎が果凛に勉強を教えている。

ふと果凛が「彼女のどこが好きなの?」と聞くと、「嘘がないところかな」と黎が答える。

 

すると「知ってる?人は不完全だから自分にないものを相手に求めて補い合っているんだって。その理屈で言うと黎ちゃんは嘘つきなんだね。」と言う。

 

その言葉に黎は「そうかもね。」と軽く流すが、果凛はなにか思っているようだった。

その頃、大学病院では晶子に近づく謎の影が・・・。

スポンサーリンク

 

夜、黎はふと考える。

11年前の事件を誰かが知っている。あの時誰かが見ていたのか。

あの時のことをなかったことにはさせないと言っているみたいだと。

 

けど、いったい誰が・・・なんの為に・・・

そう考えていた時、家の呼び鈴が鳴る。

ドアを開ける黎の前には誰もいない・・・。

 

すると突然、11年前父親を殺した時にかかっていた曲が大音量で流れ始める。

急いで止める黎。そして窓が開いていることに気付き外に出るが、誰もいなかった。

 

次の日、再び香坂法律事務所へ行き、弁護プランを香坂に渡した。

そして香坂に境の話を聞く。

やり直そうとしている境の気持ちを黎は自分の気持ちと置き換えて考えていた。

 

その帰り道、黎は境を見つけ声をかける。

ベンチに座り話を聞くと、最近菜月の夢を見ると言う。

 

自分が実刑になれば、菜月の母親も苦しめなくて済んだのかもしれないと黎に話す。

その話に黎は「境さんには幸せになる権利があると思います。」と伝える。

境と黎が分かれたあと、すぐに境の悲鳴が。

 

黎がすぐにかけつけると菜月の母親が包丁を境に向けていた。

再び問い詰める菜月の母親に対し、境は「もういいんです。本当は菜月に死んでほしかったんです。」と言う。

その言葉に包丁を振り上げる母親だったが、その場に泣き崩れた。

 

その後、警察へ行き母親は殺人未遂で逮捕された。

そこで黎は境に問う。「嘘ですよね?菜月さんに死んでほしかったって。」

 

すると境は言った。「嘘ですよ。・・・法廷で話したこと全部。助けようと思えば助けられました。

でも目が覚めたらまた私を追い詰めるんじゃないかなと思ったら・・・」

その言葉にも嘘ですよねと聞く黎だったが、「どっちだと思います?」と境はその場を去って行った。

スポンサーリンク

 

黎の家では爽と晶子が晩ご飯を作っていた。

そこで晶子は爽の父親が検事正だと言うことを知って動揺する。

 

一方、立花が夜歩いていると、暁人を見つける。

「もう諦めろ、終わったことだ。」そう暁人に言うが、

 

「終わらせねぇよ、俺が真実を暴いてやる」

そう言い、その場を後にした。

 

警察では、引き上げられた車についての鑑識され11年前のものと一致。

野瀬はあの通報はなんだったのかと不思議に思うのだった。

 

後日、晶子は何故か立花と喫茶店で会っていた。

「知らない方がいいこともあると思います。」

そう言い、晶子は立花の元を去った。

 

その頃、黎はニュースで境の飛び降り自殺を知り、激しく動揺する。

香坂に境が最後に言っていたことを伝えると香坂は言った。

「人間っていうのはさ、辛いって思うことは続けられないようにできてる。自分のついた嘘に溺れちゃったのかもしれない。」

 

その夜、爽が立花が突然食事会に行くと言い出したので、しようと黎に電話をかける。

爽は黎が境の事件のことで気持ちが沈んでいることを察し、気を紛らわせようと面白い話をする。

励ましてくれる爽に黎は「爽がいてくれなかったら俺・・・」と言いかけ「爽がいてくれてよかった」と伝える。

 

後日、黎と爽の両家食事会が行われた。暁人は来なかった。

そこで晶子と立花は「初めまして」と挨拶を交わす。

たわいもない話をし、無事食事会を終え、黎は立花と2人で話す。

 

食事会のお礼を言う黎に、許したわけじゃないという立花。

そして立花は黎に問う。「お父さんのこと、好きだったか」

「嫌いでした。」そう答える黎の後ろには爽がいて聞いていた。

 

その帰り道、黎は爽を抱きしめた。

不思議に思う爽に黎は「俺・・・溺れたくない・・・」そう言い苦しんでいた。

 

その頃、バーでは何故か虎太郎が果凛に爽の弱点と言い1枚の写真を渡していた。

後日、爽が虎太郎に大学時代の先生の連絡先を聞くため電話をしていた。

 

すると虎太郎が黎のことでなにか気付かないかと問う。

「たとえば、嘘つかれてるとか。」

その言葉に爽は、黎が父親を優しい人だと言っていたことに対して、立花に嫌いでしたと言っていたことを思い出す。

 

その頃、何故か果凛が大学病院にいた。

併せて晶子には徐々に謎の影が迫っていた。

その日、黎が爽と一緒に帰っていた時、黎の元へ風見から「晶子が階段から落ちた」と連絡が来る。

【 愛してたって、秘密はある 3話 終 】

スポンサーリンク

愛してたって、秘密はある3話感想!!

今回もドキドキの展開でしたね・・・!

もう果凛がなにかをしかけていることには間違いのではないか?と思いますが

その真相は次回でわかるのでしょうか??

 

そして新たに出てきた「爽の弱点」という一枚の写真も気になりますね・・・。

爽も黎に対して徐々に不信感を持ち始めてきているのか・・・

今回3話で新たな情報が出てきたことでまた、更に展開が読めなくなりましたね!!

 

>>愛してたって、秘密はある最新話まで無料視聴する方法はこちら

 

次回が気になって待ちきれません・・・!!

 

スポンサーリンク

愛してたって、秘密はあるTwitter口コミ評判&評価!

 

やはり、徐々にこの出来事の犯人を推測する人が出てきましたね!

いろんな意見があるということは、それほど複雑なミステリーであり、誰も読めない展開ということですね!

この先の話を見逃さないことが1番の近道です!!

 

>>愛してたって、秘密はある最新話まで無料視聴する方法はこちら

 

みなさん、次回4話は8/6日曜よる10時30分放送ですので、お見逃しなく!!

スポンサーリンク
↓ぽち♡応援してもらえると喜びます♡↓

 

<2017夏ドラマ主題歌は名曲揃い!>

 

▼僕たちがやりました主題歌▼

▼セシルのもくろみ主題歌▼

▼黒革の手帖主題歌▼

▼警視庁いきもの係主題歌▼

▼ごめん、愛してる主題歌▼

▼愛してたって、秘密はある主題歌▼

▼カンナさーん!主題歌▼

 

▼カルテット、逃げ恥など大人気作品をチェック!▼

>>動画を見るならU-NEXT

31日間の無料期間が超太っ腹!映画、ドラマ、アニメなど見放題作品が満載♡電子書籍に雑誌も読める!
▼Feedly(緑色のボタン)で最新更新情報を取得♡▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)