松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】4話ネタバレ感想・麻薬売人追跡編

松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】4話の詳細ネタバレ&感想、麻薬売人追跡編!

松坂桃李さん出演【視覚探偵 日暮旅人】第4話が2017年2月12日放送!

第4話のあらすじ紹介、ネタバレ感想はこちらからどうぞ。

第4話では旅人の父親の死に関係する人物の影が…?「山田手帳」の衝撃の内容とは?今回も「ブラック旅人」は登場するのか?柔和な笑顔の仮面に隠された旅人の過去と闇が少しずつ明らかになっていく…

智子が行方不明となってしまう第4話、早速みていきましょう!

スポンサーリンク

松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】第4話・あらすじ紹介!

 

かつて大物政治家・雪路照之(伊武雅刀)の秘書をしていた旅人(松坂桃李)の父が命を狙われる原因となった重大な秘密の書かれた『山田手帳』。雪路の兄・勝彦(眞島秀和)から因縁の手帳を託された旅人は、人知れずある計画に向けて動き始めていた……。

そんな中、陽子(多部未華子)は合コン好きの同僚保育士・智子(木南晴夏)に無理やり婚活パーティーへと誘われる。パーティー会場で戸惑う陽子をよそに、智子はヒカル・レイと名乗る男(三浦貴大)と意気投合し会場を後に。しかし翌日から智子は保育園を無断欠勤し、行方がわからなくなってしまう。

智子の身を案じた陽子は、旅人の目のことを心配しつつも探し物探偵事務所を訪ねる。ところが、目の力を使って山田手帳を視た旅人は、過去の記憶の強烈なフラッシュバックに襲われ前日から意識が戻らずにいたのだった。旅人不在の中、仕方なく智子の捜索に協力することになった雪路(濱田岳)は、麻薬捜査でヒカル・レイを追っていた刑事の増子(シシド・カフカ)たちと遭遇する。実はヒカル・レイは、鳥羽組のヤクザで『リッチー』と呼ばれる元締めのもとで麻薬を売りさばいていたと言う。リッチーの名を耳にした雪路は、ある嫌な予感がしていた……。

智子の消息が掴めない中、意識を失っていた旅人が目を覚ます。旅人に目を使わせまいと、智子が事件に巻き込まれたことを必死に隠す亀吉(上田竜也)灯衣(住田萌乃)榎木(北大路欣也)だったが、異変に気づいた旅人は「鳥羽組の売人」と聞くと慌てて事務所を飛び出してしまう。その頃、麻薬売買の元締めをしている謎の男・リッチー(北村有起哉)と鉢合わせた雪路は、なにやら意味深な会話を交わしていた。旅人の過去、そして雪路、灯衣に隠された謎が一つずつ明らかになろうとしていた……!!

 

YUMIRU
第4話では智子が行方不明に!旅人の父の死に関係する情報が記載されている「山田手帳」の内容は明かされるのでしょうか?ユキジと麻薬売人は顔見知り?旅人の過去と闇にさらに迫る第4話、始まります!

 

原作のネタバレが完全にわかってもOK!な方はこちらもどうぞ

 

第4話のネタバレの前に…【視覚探偵 日暮旅人】情報をおさらい!

 

【視覚探偵日暮旅人】第1話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第2話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第3話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】金曜ロードショー版の全ネタバレ&伏線・背景のおさらいはこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】連ドラ豪華キャストのキャラ設定と考察はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】子役の女の子(娘てい役)住田萌乃の演技力についてはこちらから↓

 

それでは【視覚探偵 日暮旅人】第4話のネタバレ、いってみましょー!

スポンサーリンク

松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】第4話・麻薬売人追跡編ネタバレ全公開!

あらゆる闇を暴いた「山田手帳」をユキジの兄から手に入れた旅人。

目薬を点し、その「山田手帳」を家で開いた旅人は、あふれ出る強い感情にたえきれず、思わず手帳を閉じる。

 

灯衣のお迎えに「バカかチビか本命か、だれが来るでしょう?」とからかう智子に、「誰ですか、本命って」とあきれる陽子。

「何をどうすればいいやらで…」という陽子に「フラれたの?あんた話つまんないもんね」とからかう智子。

「いいパーティーがあるの」という智子の誘いを「合コンならお断りですよ」と言っていた陽子だったが…

「あんたさぁ、保育士として、園児に最低限伝えなきゃいけないことってわかる?生きる喜びでしょ!それならまずあんたが生きてて楽しい!って顔しないと!それならまずなにより、恋しないと!」という智子に押され、「合コンにいきます!」と答えてしまう…

 

灯衣のお迎えには旅人がきていた。

キーホルダーを見つめ、「初恋の人、たぁくん。もしも私の想像通り、日暮さんがたぁくんなら、なぜ何も言ってくれないんだろう」と考える陽子。

しかし、何も言ってくれなかったのは、何も知られたくなかったからだと私はもうすぐ気づくのだ…

 

婚活パーティーに参加した智子と陽子。

「歴史マニア」の婚活パーティーだと聞かされておらず、「まだ結婚する気もないし」と戸惑う陽子。

パーティーの主催者に話しかけられ、智子は着物を着て再登場するしで、陽子は戸惑いっぱなし…

 

智子は男と一緒に会場を後にしようとするが、陽子が引き止める。

「冷静になってください、前も合コンであった人にひどい目にあわされたじゃないですか」と忠告するも、「私自分の直感を信じる。恋は本能であれ」とそのままいなくなってしまう。

 

その頃旅人はユキジが部屋に入る音を聞き、起きる。

そして部屋の隅に隠していた穴から手帳を取り出し、開く。

手帳を開く手が、震える。

手帳から強い視線のようなものを感じ、動悸をが激しくなり、倒れる旅人。

 

最近、目を使いすぎているのでは、と主治医の榎木はユキジに尋ねる。

つづけて、「精神的負担が身体的症状として現れるのも、よくある話だ。ちゃんとみておけよ」とユキジに忠告する。

 

榎木の元を増子刑事が訪れる。

「今日は可愛い系の子を頼んでいたはずだけど?チェンジ!」と叫び扉を閉じるが、警察手帳を見せられ、驚く。

増子刑事たちは旅人の過去についてあれこれ尋ねる。旅人の父親、死因や監禁事件などについて。

「2人のことを探ってどうするつもりだ」「2つの事件の犯人を捕まえることで、彼らが持っているヤクザの情報との取引材料にしたい」

「そんなことか。ヤクザがらみのことなら私にも話せることがたくさんあるぞ。旅人とユキジのことはこれ以上詮索しないでくれればいいよ」

そこに榎木が頼んでいた女性が来てしまい、話は中断。

 

翌日、智子は保育園を無断欠勤し、問題になっていた。

園長はご立腹。電話も出ない。

「男が理由で無断欠勤なんて。これはクビもあり得ます!」と園長は憤る。

 

陽子は智子のマンションを訪ねる。

ベルを鳴らしても出ない。パーティーの主催者に話を聞きに行く。

ヒカル・レイと名乗る男と消えた智子。

しかし、その男性の連絡先の電話番号は「現在使われていない」ことになっていると主催者も困惑顔。

 

売人の密売場所や名前を榎木から聞き出した増子刑事。

どの売人も「リッチー」という名の男の仕切りで動いている。聞き込みをすると必ず上がってくる名前…

その売人の中には「ヒカル・レイ」という名も…行方不明者の捜索願が「山川陽子」から出ていると知り、増子は「この女…」と呟く。

 

陽子は探偵事務所に依頼をしに行く。

智子が行方不明であることを告げ、警察にも捜索願を出したが成人の場合、事件性がないと動いてもらえない…と泣きつく。

「日暮さんの目のことはわかってます。私が来ると迷惑なことも、わかってます。でも…」という陽子にユキジは旅人の状況を見せる。

「一日のうちのほとんどを寝て過ごしてる。だから今は誰の依頼でも断るしかない状況だ。知ってるよな。兄貴は一度寝ちまうとゆすってもわからねえ。だからもう起きないかもしれねえって、びくびくしながら見守るしかねえんだよ」

それを聞いて引き下がる陽子。

 

灯衣が提案する。

「ユキジが助けてあげればいいじゃん。パパは私が見てるから。別に先生のためじゃないからね。パパのためなの。パパは優しすぎるから、もし目が覚めてこのこと知ったら、目を使って探そうとするよ。パパの目のためにも、ユキジが先に探すのがいいと思う。それに、ユキジだって優秀な探偵でしょ?」

それを聞き、ユキジも「兄貴のためなんだな」と捜索に乗り出す。

スポンサーリンク

ユキジと陽子はホームレスの情報屋に智子のことを聞くが、知らないという。

 

しかし、「ヒカル・レイ」のことは知っているようだ。

情報の見返りに「最近、欲求不満で…」と言われ陽子は覚悟するが、ホームレスは何も知らない上にユキジが本命だった。

 

そこに増子刑事が現れ、「ヒカル・レイとやっぱり仲間だったんだ。出しなさい、ドラッグ」と迫る。

誤解であることを伝えると、増子はヒカル・レイが戸籍にはのっていないという情報をくれた。

「リッチー」という男がかかわっていることを言いかけたのをユキジは聞き逃さなかった。

増子の名刺を受け取り、一瞬でおびえたような表情になったユキジを心配する陽子。

 

雪路のもとに亀吉から電話が。

ヒカル・レイは源氏名であることが判明。

「オーブ」というホストクラブに同じ名前の新人ホストがいるというのだ。

「カワムラ ユウスケ」という本名であるというところまで突き止めた亀吉。

 

電話が途中で切れ、ホストクラブに駆けつけると、亀吉が血まみれでぼこぼこにされていた。

「ホストとは名ばかりのチンピラばかりじゃねえか」とユキジが言うと、奥から男性が登場。

「だって本職がやってるからね」と話す。

「鳥羽組にはお世話になってます。しかし、そちらの売人さんに知り合いを連れ去られた可能性がありまして。カタギなんで、返してもらえませんか」と頼むユキジ。

 

ヒカル・レイが呼び出され、「薬はどこで手に入れた」などと店の男に責められる。

陽子が割って入り、智子のことを聞くが、知らないという。

殴られてもなお知らないというヒカル・レイのことを陽子は信じ、ぼろぼろの亀吉を連れてユキジと店を後にする。

 

亀吉を事務所に帰し、増子の元へ向かうユキジ。

ユキジを不法侵入犯としてヒカル・レイの家へ入り、その現場調査として増子が入る、という以前と同じ手口で住居侵入するユキジと増子たち。

ヒカル・レイの部屋には智子はいなかった。智子の毛髪が落ちていないか地道に確かめるユキジ。

それをみて、増子は「かっこいい方の探偵はいないの?パット簡単にわかるのに」という。

ユキジは「兄貴だって簡単にはいかねえんだよ!身削ってやってんだよ!」とキレる。

 

亀吉は灯衣のもとを訪れていた榎木に手当てされていた。

旅人が起きたと聞き、榎木は「けがのことは絶対言うなよ。考えるのもなし」と亀吉に忠告。

榎木の方が焦って動揺し、旅人に怪しまれる。

 

部屋を調査する陽子は、智子はあくまでも婚活に行っただけ、部屋まで入って変なことする気はなかったんじゃないか、と話す。

その場合どうなるか。引き留める男と玄関前でもめたのでは?と推理。

案の定、玄関の植え込みには歴史マニア婚活パーティーで智子が持っていたトンボの飾り(前田利家の象徴)が。

 

旅人がユキジは?と尋ねると灯衣と榎木と亀吉が一斉に違う返答をする。

保育園の連絡帳に返事書かないと、と取ってこさせると、智子先生が書いてないんだ、お休みかな?と尋ねる。

「みなさん、僕の目は特別な力を持っていますが、その力を使わなくてもわかることがあります。なにかあったんですよね」と話し出した。

旅人は目を使うこともできるけれど、何があったのか話してほしいと依頼する。

 

亀吉から「鳥羽組の売人が絡んでいる」と聞くや否や、榎木や灯衣がとめるのもきかずに「これは僕の事件だ」と動き出す旅人。

その目には強い光がやどっていた。「行かないで」という灯衣を振り切り、出ていった。

 

ヒカル・レイは店を出ていったという。

増子刑事が店の男性を問い詰めている間に、ユキジは不審な男を見かけて後を追う。

「久しぶりじゃない。ユキジちゃん」と話しかける「リッチーさん。お久しぶりです。組に内緒でホストに薬騒がせてるらしいじゃないですか。警察が探ってますよ」

そう話すとリッチーはいきなり壁にユキジの頭を2度打ち付け、ライターで目をあぶろうとする。

 

必死で智子の行方をきくユキジだが、「知らないし、知ってても言わないし」と何度も壁を打ち付けられ、蹴られてしまう。

「リッチーさんから預かっているもの、鳥羽組には内緒ですよね?預かってからだいぶたちます。彼女はもう小学生です。だから少しは見返りっていうか…」

「脅すつもり?あれはね、大事な商品だから、よろしく」

それだけ言って、リッチーは去っていった。

 

傷だらけで鼻血を出すユキジに旅人が来ていることを伝える陽子。

「事情は聴いた。もう一度カワムラ(ヒカル・レイ)の部屋に行こう」という旅人に、反対するユキジだが、増子は「その方が早い」とけしかける。

「俺は行くけど、ユキジはどうする?」と凄みのある声で旅人に言われ、ユキジも結局行くことに…

 

ヒカル・レイの部屋を訪れる旅人。

そこら中に幸せな感情が見える、しかしそれが多すぎることを伝える旅人。

ドラッグを使用した際の異常な高揚感、それが溢れているのだと増子は推測。

その感情を追って外に出る旅人。

「こうなっちまうと止められない。言っとくが、兄貴は誰でも助けるほど優しくないからな。だからこそ俺は兄貴のあんたへの優しさを不満だけど尊重してるよ」とユキジは悔しそうに陽子を見る。

(陽子の心の声)それは違う、こうして協力してくれている理由が私への愛情ではない理由はうすうす気づいていた。だけど、ほかにどんな理由があるのかまでは、わからなかった…

 

あるラブホテルの窓から感情が見えると旅人は言う。

その部屋に向かう旅人たち。

管理人に協力してもらい中に入ると、女性が鎖で3人もつながれていた。

その中にも智子が…

 

ヒカル・レイがいる部屋に入ろうとして、異臭を感じるユキジ。

旅人の様子が明らかにおかしい。ユキジも怪物の幻覚を見る。

旅人は窓を割り、外の空気を入れる。

スポンサーリンク

 

ヒカル・レイがベッドの隅から飛び出し、ユキジにとびかかり首を絞めていた。

ヒカル・レイは銃を所持。あたりかまわず打ちまくり、明らかに様子がおかしい。

「あれ、普通のドラッグじゃないです」という旅人。

 

旅人はカイロを宙に放り投げ、増子に銃でそれを打つよう指示。

カイロの中に入っていた粉がヒカル・レイにかかるとヒカル・レイは突如暴れだす。

ヒカル・レイがひるんだところを無事、取り押さえることができた。

「わずかにですがアレルギーが見えました。カイロの中の鉄の粉でひるますことができるんじゃないかと」

旅人はこう説明した。

 

智子は口の端から血を流していたが、救出された。

「ほんとは大丈夫だから。もう帰って。ごめん山川。いまはひとりにさせて」と智子。

「付き添ってあげなくていいんですか?」と旅人は陽子に話しかける。迷惑そうだから、という陽子。

「今、智子先生に必要なのは迷惑なくらいの優しさです」と旅人に説かれ、「またお礼はあとでさせてください」と残し、陽子も救急車にともに乗り込む。

 

旅人は刑事の視線から何かを思い出し、突然倒れる。

リッチーはその頃誰かからの電話をうけていた。

「はーい、わかりました。カワムラちゃん(ヒカル・レイ)、無事につかまったってねー」

 

陽子は智子の見舞いに訪れていた。

智子は言う。「ほんとに反省してるんだって。しっかしあいつ…まじで最低野郎だったな…」

 

増子はヒカル・レイを取り調べていた。彼は挙動がおかしく、呂律も回らない状態。

「最初は商品として渡されていた。そのうち使うようになっちゃって…抑えられなくなっちゃって…ホストクラブのある売人から薬漬けにした女に売り続けて稼いでるとかいう話とか…」

 

「買収しろとか言われたんだけど、あいつ自分の方が薬でヘロヘロなんだもん。日暮さんたちにも謝んなきゃ…」

「なんにせよ、無事でよかったです。早く復帰してくださいね。そのためにも、生きてて楽しい!って顔してくださいよ」

そこに婚活パーティーの主催者の男性が見舞いに、と訪れる。

「山川、この人の年収知ってる?」と笑う智子。それを聞いてあきれながら笑う陽子。

 

旅人がまた眠りにつき、ユキジは心配する。「原因は精神的な…」

榎木は「思い当たることはあるか?」と聞くが、ユキジは「ない」と答える。

「俺見たんだよ。なにかはわかんないけど…あれって、兄貴が見えてる世界じゃないかなって」と幻覚を見た状況のことを榎木に説明するが、榎木は取り合わない。

 

陽子が事務所に今回のことを謝りに来る。

灯衣は陽子に言い放つ。「もうこないほうがいいよ」「考えてみたら、他の先生は来ないもん。なんで陽子先生だけ来るの」

陽子は答える。「日暮さんや灯衣ちゃんのちからになりたいなって。私でもできることがる気がして…」

灯衣「パパがそうしてって言ったの?」

榎木「まあまあ、私が以前頼んだんだよ」

灯衣「だから!パパは何て言ってるの?」

 

陽子「日暮さんは…いわないだろうから。私たちの気持ちはたくさん見てるのに、日暮さんは何も言わないから」

灯衣「とにかく、先生がここに来ない頃の方が、私たちうまくいってたよ」

陽子「ごめんね。もう大丈夫。先生、もうこないから。皆さんも、すみませんでした」

陽子は「たぁくん」のキーホルダーを旅人の眠る枕の傍らに置いて事務所を出ていった。

 

その様子を灯衣たちは窓から見ていた。

灯衣は苦しそうな様子で榎木やユキジに打ち明ける。

「ていね、本当は先生のことも大事なの。でも、こんなにいっぺんにたくさんの人、大事にできないよ。それって、ていがこどもだから?」

榎木「てい、それは大人も同じだよ」

 

旅人はベッドで目を覚まし、キーホルダーを握りしめる。

強く握りすぎて、血がぼたぼたと流れ落ちる。

「目だ。あの目。一瞬たりとも、忘れたことはなかったぞ」

 

次回に続く!

スポンサーリンク

松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】第4話・麻薬売人追跡編のYUMIRUの感想

今回、かなりストーリーの重要な部分が明かされましたね。

 

旅人だけが知る、「普通のドラッグではないドラッグ」の登場。

リッチーと言う男が灯衣を「商品」としてユキジに預けていること。

旅人は自分を誘拐した男を覚えているということ…

 

今回も「鳥羽組の売人」ときいて動き出した旅人の挙動には鬼気迫るものがありました。

過去の事件とつながっているからこそ、過剰に動く旅人。

目や表情、体の動きがどんどんおかしくなってきているような…

怖いです。

 

ドラッグを使用しているヒカル・レイとの対決、今回はかなり狂気じみていて怖かったですね。

真相に近づくにつれ、恐ろしいシーンが増えそうです。

それは視覚的にというより、心理的に「恐ろしい」というべきかもしれませんが…

 

次回は旅人の計画の前に立ちふさがる人物が!?

 

 

次回もドキドキしながら待ちましょう!!

 

↓見逃し視聴するならU-NEXT!31日間無料♡↓

新作レンタルにも使える600円分のポイントを利用して見逃し視聴、しちゃいましょ♡

現在放送されているほとんどのドラマが登録されているので、ほかに気になるドラマがある際の「試し見」にもおすすめです^^*

 

原作のネタバレが完全にわかってもOK!な方はこちらもどうぞ

 

★【視覚探偵日暮旅人】情報ならこちらもどうぞ★

 

【視覚探偵日暮旅人】第1話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第2話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第3話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】金曜ロードショー版の全ネタバレ&伏線・背景のおさらいはこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】連ドラ豪華キャストのキャラ設定と考察はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】子役の女の子(娘てい役)住田萌乃の演技力についてはこちらから↓

出典:視覚探偵日暮旅人公式HP

スポンサーリンク

↓ぽち♡応援してもらえると喜びます♡↓

 

▼カルテット、逃げ恥など人気作品をチェック!▼

≫U-NEXTはこちらをクリック!

31日間の無料期間が超太っ腹!映画、ドラマ、アニメなど見放題作品が満載♡電子書籍に雑誌も読める!
▼Feedly(緑色のボタン)で最新更新情報を取得♡▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)