松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】5話ネタバレ感想/誘拐監禁犯は刑事編!

松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】5話の詳細ネタバレ&感想!誘拐監禁犯は刑事編!旅人は事件の黒幕、真相に近づけるのか?危険ドラッグ「ロスト」とは?

松坂桃李さん出演【視覚探偵 日暮旅人】第5話が2017年2月19日放送!第5話のあらすじ紹介、ネタバレ感想はこちらからどうぞ。

第5話では旅人は自身の誘拐監禁犯をついに発見!真実に近づけるのか?危険ドラッグ「ロスト」と旅人の関係は?早速みていきましょう!

スポンサーリンク

松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】第5話・誘拐監禁犯は刑事編あらすじ紹介!

 

事件現場で古株の刑事・白石(吹越満)を見た旅人(松坂桃李)は、白石こそが20年前に自分を誘拐、監禁した犯人の一人であったことに気づくのだった。一方の白石は、売人のヒカル・レイこと川村(三浦貴大)が使用していたドラッグが、20年前のごく短い期間だけ出回った特殊なドラッグ『ロスト』だと知り、なぜか激しく狼狽していた。かつてロストが出回った時期は、旅人が監禁されていた時期と重なっていた……。

そんな中、旅人の主治医・榎木(北大路欣也)が、耳の聞こえない女性・静香(三吉彩花)のために、彼女がファンだというジャズミュージシャン・犬飼啓(吉田栄作)の行方を探してほしいと依頼する。犬飼は少し前から行方不明なのだと言う。早速犬飼を探す雪路(濱田岳)亀吉(上田竜也)は、麻薬取引の元締め・リッチー(北村有起哉)から、犬飼がドラッグの売人で警察からも追われていることを知らされる。目を大切にしたいことを理由に今回の依頼を雪路たちに任せると言っていた旅人は、犬飼がリッチー絡みの売人だと聞いた途端、なぜか捜査に参加すると言い出すのだった。

犬飼の住処で見つけた静香のファンレターに“強い悲しみの感情”を視た旅人は静香に会い、耳が聞こえなくても犬飼の音楽が不思議と伝わったこと、しかしある時から演奏から何も伝わらなくなったことを聞かされる。捜索が難航する中、ライブハウスに貼ってあった犬飼のサインからただならぬ感情の模様を視た旅人は、飲食店の壁に書かれた謎の音符の落書きにも奇妙な共通点を見つけ、単身犬飼に近づいていく……。

その頃、増子(シシド・カフカ)たちが集めた『ロスト』に関する資料をこっそり漁っていた白石は、20年前に監禁し死んだと思っていた子供が旅人であることに気づき、旅人の計画の前に立ちはだかろうとしていた……!!

 

YUMIRU
ついに特殊ドラッグ「ロスト」が登場。旅人を誘拐した白石は現在刑事?誘拐事件の真相はいかに?

 

原作のネタバレが完全にわかってもOK!な方はこちらもどうぞ

 

第5話のネタバレの前に…【視覚探偵 日暮旅人】情報をおさらい!

 

【視覚探偵日暮旅人】第1話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第2話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第3話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第4話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】金曜ロードショー版の全ネタバレ&伏線・背景のおさらいはこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】連ドラ豪華キャストのキャラ設定と考察はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】子役の女の子(娘てい役)住田萌乃の演技力についてはこちらから↓

 

それでは【視覚探偵 日暮旅人】第5話のネタバレ見ていきましょう!

スポンサーリンク

松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】第5話・誘拐監禁犯は刑事編ネタバレ全公開!

讃岐うどんを食べていた亀吉は、榎木が若い女性と歩いているのを目撃する。

探偵事務所に亀吉は転がり込んできて、「榎木のおっさんがあれは援助交際じゃ…!?」と勢い余って報告するが、そこには先ほどの女性と榎木が。

 

コマツバラシズカという女性は、榎木の古い友人の娘だという。

灯衣は「保育園でバカっていっちゃだめって言われたけど、亀吉ってバカなの?」という。

 

静香は耳が聞こえない。依頼があるというが、ユキジは旅人の目は使わせられない、という。

旅人は手話を巧みに使って静香とコミュニケーションをとる。

灯衣と遊んでほしい、と静香に依頼し、旅人もついていく。

 

「この依頼は任せるよ。この目はもっと使うべき時を選んで使わないと」とあっさり依頼をユキジに任せる旅人に、不信感を抱くユキジ。

「俺も何度も、そういってきたけど…」

 

榎木は亀吉とユキジに静香にサプライズをしてあげてほしいとお願いする。

夕方のNEWS番組のテーマ曲を作った「犬飼啓」というジャズミュージシャンのサインをもらってきてほしいという。

静香は売れる前から犬飼の大ファンだが、最近犬飼は行方不明になっているという。

 

旅人が灯衣と普通に会話しているように見えるので、静香は手話で「どうして会話ができるの?」と尋ねる。

旅人は手話で「唇の動きを見たり、ほかにも色々”視える”ので…匂い、温度、感情…」と返すが、静香は首をかしげる。

旅人をじっと見つめる静香だが、旅人と目が合うとそらしてしまう。

 

麻薬売人を束ねる「リッチー」を追う増子と土井刑事。

「普通じゃない麻薬」の「ロスト」が出回っているということを聞いて白石は大きく動揺する。

その会議で売人として名前が挙がったのが…犬飼だった。

 

増子は「普通のドラッグじゃありません」という旅人の言葉を思い出していた。

増子は旅人が20年前に出回っていた「ロスト」をもともと知っていたと確信。

そのことと、5歳の頃、謎の誘拐と監禁をされていることとつなげて考える増子…

 

犬飼を知る人々に話を聞いて回る亀吉とユキジ。

犬飼に似た人を知っているという情報屋のホームレスに話を聞こうとしたところ、リッチーが現れ、ユキジはぼこぼこにされてしまう。

「何、誘拐調べようとしてんの?裏切る気?犬飼って男、警察に追われて面倒なことになってんだ。見つけたら連絡」とリッチーに脅迫される。

「この前のロストを使っていた男はわざと捕まえさせた」というリッチーに不審な顔をするユキジ達。

 

ユキジが事務所にかえると、「怪我してる?」と旅人に勘付かれる。

犬飼が鳥羽組の売人だった、リッチーが絡んでいたことを旅人に話すユキジ。

「リッチーに見つかれば、まあ殺されるだろうな」

リッチーが扱ってたものって、普通のだっけ?と旅人は聞くが、ユキジは普通なんてない、どれも異常なもんだ、と流してしまう。

静香に合わせるのも面会室だろうな、といいつつ、「俺と亀吉でなんとかする」というユキジ。

急に「目の調子も良くなったし、俺も、やるよ」と言い出す旅人。

 

(陽子ナレーション)ユキジは一瞬、旅人がなぜ限りのある目の力を使おうとするのか、頭の中にふと浮かんだという、その考えがあながち間違いではなかったことに、のちに分かってしまうのだった。

 

白石は監禁事件のときのことを回想し、「誰がいまさらロストなんて使いやがったんだ」と呟く。

そこに家族から電話が入る。娘か息子からのようだ。優しい父親の声で電話対応をする白石…

スポンサーリンク

 

亀吉はホームレスの情報屋から聞き出したのは、犬飼の住んでいるというプレハブ小屋。

そこにはすでに増子こと土井が。

増子は旅人に「ドラッグ」「リッチー」「ロスト」について知っているか、矢継ぎ早に質問する。

旅人は「ロスト」のことを聞いた瞬間、固まる。

 

犬飼を探すため、旅人たちは増子たちに協力し、目を使うことに。

「あきらめ、嫉妬、絶望」がみえるという。

ドラッグの匂いは見えないという。

愛情の模様がファンレターからみえるという旅人。

 

そこで静香が出したファンレターを見つける。

亀吉は耳が聞こえない静香がなぜ犬飼を好きになったのかに疑問を抱く。

旅人は1通のファンレターをつかみ、「ごめん、気になることができた」と一人で出ていってしまう。

 

静香はひとり、ベンチにいた。彼女にはやはり、何も聞こえていない。

旅人は彼女に、彼女が犬飼に出したファンレターを取り出す。

そこから「強い悲しみ、心配」がみえるという旅人に同意する静香。

 

静香の許可が出たのでファンレターを開けてみると、そこには犬飼を心配する静香の気持ちが記されていた。

犬飼の様子は耳が聞こえない静香にも自然と、不思議と伝わってくるということが書かれていた。

希望にあふれた手紙のため、なぜ強い悲しみが見えたのかわからないという旅人に静香は説明する。

 

これを書いた時の犬飼の演奏はそれまでと異なり、演奏から静香に伝わってくることが何ひとつなかったという。

犬飼を案じた静香は絶望しながらも、犬飼が元に戻るきっかけになればと手紙を書いた。

しかし犬飼は演奏さえやめてしまった…

 

犬飼を探すべきか問う旅人に、静香は首を振る。

絶望したままではないか、力になれることはないかと言う旅人に「あなたの目をくれませんか」という静香。

あなたはその不思議な目の力で、みんなとつながることができる…うらやましいという静香。

押し黙る旅人に「嘘ですよ」と手話をし、静香は去っていった。

 

増子やユキジたちはライブハウスにいた。

そこに現れた旅人。旅人の目つきがおかしい。

「どんな音楽なの?きいてみたかったな…このポスターもらえないかな」と犬飼のポスターを指さし、いう旅人。

土井が入手してきたポスターを手に、旅人は近くの落書きに目を止める。

 

音楽、楽譜が近くの壁に描かれていた。

それは犬飼のポスターのサインと同じ人物が描いたものだという。

どんなに古くても1週間前のものだという落書きのインクを辿っていけば、犬飼が見つかるかもしれないという旅人。

犬飼が見つかったらひとつだけお願いしたいことがる、と増子に旅人は依頼をする。

 

白石はひとり、職場に居残っていた。

他の刑事の机から書類を取り出し、「まだ俺にはいきついていないな」と呟く白石。

増子達のまとめたノートを見て、旅人の写真や情報を見つける白石。

 

突然、吐き気を催しトイレに駆け込む白石。

「あのクソガキ…生きてやがったとは…」

これまでに見せたことのない白石の顔がそこにはあった。

 

旅人は居酒屋で犬飼を見つける。

勝手に犬飼に手錠を付け、引き留める旅人。

警察かと問われ旅人は答える。

「昨日ファンになったので、できれば更生して、売人から足を洗ってほしいなって。ちょっと付き合ってもらえませんか」

スポンサーリンク

 

タクシーに乗った旅人は犬飼にサインを求める。

書いてもらったサインとポスターに書いてあるサインを見比べ、ポスターのサインの方がいいという旅人。

「はぁ?」と意味が分からない犬飼。

 

ユキジは静香が探偵事務所に来たので、手話を使わず必死にジェスチャーで表現する。

しかし、伝わらない。灯衣は絵と文字をお絵かき帳に書き「一緒にきてほしいところがあります」と静香に伝える。

 

旅人は犬飼を連れていく。

「要件を言えよ」という犬飼に「あれをみてください」という。ガラの悪そうな男たちがたむろしていた。

あの中に見覚えのある人はいますか?と尋ねる。

落書きは「ドラッグの売買の日時と時刻、音符が場所」を示す暗号だったのだ。

ユキジと亀吉が犬飼の落書きを真似して、男たちを呼び寄せたのだ。

 

旅人は「音符から同じ人間の同じ感情が沸き上がったのが見えた」というが、犬飼は「お前こそ薬かなんかやってんじゃねえか」という。

犬飼のカバンの中をみると、未開封の食品の箱の中にドラッグが大量に入っていた。職務質問では未開封の食品までは開けないという。

 

旅人は犬飼の怒り、恐怖、困惑、諦めの感情を読み取り、伝える。

犬飼はあってるよ、と観念する。

旅人はリッチーが犬飼の口を封じようと躍起になっていると伝える。

八方ふさがりだな、という犬飼に「自首してみませんか?」と諭す旅人。

「あんた、何者なんだ?」

 

今日みたいな寒い日は音がまっすぐ飛んで気持ちがいい、サックスさえあればどこだって演奏できると思っていた、だけど今じゃ妙なプライドが邪魔して無理だ、落ちぶれたって思われそうでな…という犬飼。

旅人は売人をしている方がそう思われます、というと犬飼はそりゃそうだ、と答える。

旅人はロストと言うドラッグについて尋ね目使って犬飼をみるが、犬飼は本当に知らない様子だった。

自首する前にもう1か所付き合ってほしい、という旅人に犬飼は大人しく従う。

 

 

その時、犬飼が橋まではきたが取引しないで行ってしまう、早くきた方がいいと誰かに連絡するチンピラ風の男性…

 

旅人は犬飼がよく路上ライブをしていた場所に連れて行く。

誰にも立ち止まってもらえないくらい未熟だったという犬飼。しかし、毎日来てくれる子もいたという。

それが、静香だった。

 

昔のファンに、こんな変わり果てた姿を見せたくなかったという犬飼。

では以前はどうだったか、と尋ねる旅人に、まあたいしてかわらないか…という犬飼。

静香は「困ります、もう探さないでって言いましたよね、失礼ですが帰らせてもらいます」と手話をする。

 

旅人は静香を好きだったころの犬飼にあわせるから、と引き留め、犬飼に演奏を依頼する旅人。

楽器を持っていないからできない、という犬飼に耳が聞こえないことを打ち明ける旅人。

口笛でもいい、と旅人は言うが犬飼は取り合わない。

 

そんな犬飼にポスターの音符からは喜びがあふれていた、音楽への愛情や熱意が、サインの音符にまで爆発していた、と伝える。

旅人は自分も耳が聞こえないことを伝え、サインからあふれ出る犬飼の「感情」のファンだと伝える。

静香はそうであると。それは、楽器なんかなくても表現できる、と断言する旅人。

 

犬飼はそれを聞き、静香の前で口笛を吹き始める。

口笛をうまく吹ききることができず、歌い始める犬飼。

おもむろに目薬を取り出し、犬飼の感情をみる旅人。

そこには様々な感情が爆発していた。目を見張る旅人。

静香も犬飼のあふれ出る「感情」に感激する。

 

「あの頃の犬飼さんです、素敵です」と笑顔を見せる静香に、旅人は「笑顔、はじめてみました」と笑う。

「やっぱりだめだな、こんなもんだ」という犬飼。

周囲から巻き起こる拍手の渦。犬飼は照れ臭そうに笑った。

 

その様子を見ていたリッチーは涙ながらに「犬飼ちゃん、頭おかしくなっちゃったのね。もういらない」と銃を構え、犬飼を打とうとする。

増子が現れ、それを間一髪取り押さえようとする。

しかし、土井がリッチーを捕まえ損ね、逃げられてしまった。

 

犬飼がパトカーに乗ろうとするとき、静香が駆け寄った。

必死に手話で何かを伝えようとする。

旅人が通訳しようとするが、犬飼はなぜだかわかりませんが、すべて伝わった気がします、と言う。

静香に向かって大きく口を開け、「ありがとう」というと、静香もたどたどしい発音で「ありがとう」と返した。

 

犬飼さんから強い情熱を感じたように、旅人からも強い悲しみを感じるという静香。

大丈夫ですか、と心配する静香に「誰にも伝えられずにいました。あなたに伝わってほっとした、嬉しいです」

もしよかったら…と手話する静香に「それがどんな悲しみかは言えません」という旅人。

 

そんな旅人たちの様子を白石は望遠カメラで連射していた。

その中の一枚、旅人の目はしっかりと白石を見据えていた。

 

警察には白石の素性についての「告発状」というものが届いていた。

何者から届いたのかわからない、自分で責任を持てと上司に渡される白石。

告発状の中には「山田手帳」の写真も添えられていた。

「これは、僕は、破滅ですね~…さぁてと、どの順番で解決したものか…」

恐ろしい形相で思案し始める白石…

 

(陽子のナレーション)誰かにとっての解決は、誰かにとってのトラブルなんだと思う。

この後おこるいくつかの出来事の中で、私はそれを身にしみて感じることになる…

 

榎木に依頼は果たしたから、と324万円もの請求書をわたすユキジ。

その請求書を丸めて口に入れる榎木。「そんなことしてもまた書くだけだからな!!」とユキジは騒ぐ。

 

旅人は部屋で一人、「告発状」を見つめていた。

そこに「パパもおいでよ!」と灯衣があらわれ、旅人は自分の部屋を後にする。

 

次回へ続く!

スポンサーリンク

 

松坂桃李主演【視覚探偵日暮旅人】第5話・誘拐監禁犯は刑事編YUMIRUの感想

今回は白石の本性が明らかになった回でしたね!

恐ろしい…これからもなんでもやりそうな雰囲気でした><

 

ずっとちょっと抜けてる増子と土井の上司、って感じだったのに、あそこまで演じ分けられるとは…!

さすがです。

 

そして今回、初めて旅人が耳の聞こえない女性、静香に本心を打ち明けかけるシーンがありました。

「強い悲しみをずっと誰にも打ち明けられなかった」そんな旅人の苦悩がよく現れているシーンでした。

 

犬飼のかいた音符から、底知れない音楽への情熱を感じた、と目をキラキラさせて話す旅人も印象的でした。

あの時ばかりは、非常に無邪気に、犬飼の想いに感動していたように見えました。

 

「ブラック旅人」と過去の誘拐犯や関係者による戦いが静かに幕を開けた今回。

次回も楽しみに待ちましょう!

 

↓見逃し視聴するならU-NEXT!31日間無料♡↓

新作レンタルにも使える600円分のポイントを利用して見逃し視聴、しちゃいましょ♡

現在放送されているほとんどのドラマが登録されているので、ほかに気になるドラマがある際の「試し見」にもおすすめです^^*

 

原作のネタバレが完全にわかってもOK!な方はこちらもどうぞ

 

★【視覚探偵日暮旅人】情報ならこちらもご覧ください★

 

【視覚探偵日暮旅人】第1話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第2話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第3話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】第4話あらすじネタバレ感想はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】金曜ロードショー版の全ネタバレ&伏線・背景のおさらいはこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】連ドラ豪華キャストのキャラ設定と考察はこちらから↓

 

【視覚探偵日暮旅人】子役の女の子(娘てい役)住田萌乃の演技力についてはこちらから↓

出典:視覚探偵日暮旅人公式HP

スポンサーリンク

↓ぽち♡応援してもらえると喜びます♡↓

 

<2017春ドラマ主題歌は名曲揃い!>

 

▼あなたのことはそれほど主題歌▼

▼貴族探偵主題歌▼

▼リバース主題歌▼

▼CRISIS主題歌▼

▼母になる主題歌▼

▼フランケンシュタインの恋主題歌▼

 

▼カルテット、逃げ恥など大人気作品をチェック!▼

≫U-NEXTはこちらをクリック!

31日間の無料期間が超太っ腹!映画、ドラマ、アニメなど見放題作品が満載♡電子書籍に雑誌も読める!
▼Feedly(緑色のボタン)で最新更新情報を取得♡▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)