2018年秋ドラマ

黄昏流星群の主題歌平井堅「half of me」の歌詞が意味深でドラマの伏線?

黄昏流星群の主題歌平井堅「half of me」の歌詞が意味深でドラマの伏線?
 

黄昏流星群の主題歌平井堅「half of me」の歌詞が意味深でドラマの伏線?10月から始まる新ドラマ・黄昏流星群で主題歌を担当する平井堅の「half of me」。その歌詞がちょっと意味深!!ドラマの伏線になっている!?「half of me」について解説していきます!!

ぬまくん
ぬまくん
くろちゃん、平井堅の「half of me」っていう曲が黄昏流星群の主題歌になるわん!!どんなドラマなんだろう?曲も気になるわん!
くろちゃん
くろちゃん
じゃぁ今からドラマと主題歌のこと、教えてあげるにゃん!!
スポンサーリンク

佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』のあらすじ/ストーリーを紹介!

黄昏流星群の主題歌平井堅「half of me」の歌詞が意味深でドラマの伏線?

佐々木蔵之介主演&平井堅が主題歌「half of me」を歌うことになったドラマ『黄昏流星群』とは一体どんなドラマなのでしょうか?まずは、『黄昏流星群』のあらすじとストーリーを紹介します(*’A`*)

『黄昏流星群』は、人生の折り返し点が近づき、これからの人生を考え始めた大人たちが、黄昏の空にきらめく流星のように最後の輝きを模索する物語です。

 

主人公の瀧沢完治(たきざわ・かんじ、佐々木蔵之介)は、入社以来仕事一筋、金融再編などの荒波の中、脇目も振らずこつこつと努力を積み上げ支店長まで登り詰めた銀行員。

恋愛の末一緒になった妻の瀧沢真璃子(たきざわ・まりこ、中山美穂)とも最近では会話が減り、年頃の娘とも距離ができていたものの、平和な家庭生活とまっとうな人生をためらいなく受け入れていました。

 

そんなある日、理不尽な理由で取引先への出向を突然命じられてしまう完治。予期せぬ左遷宣告にショックを隠しきれず「なんだったんだ、俺の会社人生は…」と仕事一辺倒だった自分の人生に疑問を抱き始めます。

 

どん底に突き落とされ、自分の人生を見失いかけていた完治は、ふとした思いつきで、「明日からスイスに行ってくる」と家族に言い残し、単身スイス旅行へ…。傷を癒やすべくスイスアルプスにやってきた完治は、吹雪の中マッターホルンを目指しゴンドラに乗り混みます。そこへ一人の日本人女性の姿が…。品のあるたたずまい、知性あふれるその女性・目黒栞(めぐろ・しおり、黒木瞳)もまた単身旅行中でした。雪に包まれた山の頂を月が照らす夜、他人とは思えないほど意気投合する二人ですが…。

 

一方、真璃子は夫が浮気をしているかもしれない、と疑いながらも思いを口にできずにいました。そんな真璃子もまさかの相手、娘の婚約者の男性と禁断の恋に落ちてしまい…。許されない恋、募る思い…。胸の奥にぐっと抑えた三人の“恋”がドラマチックに動き出した時、心揺さぶられる大人たちの物語が幕を開けます。

[公式HPより引用]

スポンサーリンク

佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』の主題歌【half of me】の歌手平井堅のプロフィールと作品情報を紹介!

黄昏流星群の主題歌平井堅「half of me」の歌詞が意味深でドラマの伏線?

黄昏流星群の主題歌「half of me」を歌う平井堅とはどんな歌手なのでしょうか?続いて『平井堅』について紹介しますね( ・`ω・´)キリッ

平井堅のプロフィール

平井堅とは1995年にデビューしたシンガーソングライターです。

1972年1月17日生まれ。大阪府で生まれましたが、出身地は三重県名張市です。
デビュー後はなかなかヒット曲に恵まれませんでした。
2000年に発売された8枚目のシングル「楽園」がヒット!!
その後ヒット曲を多数リリースするシンガーとなりました。

ちなみに、「楽園」が売れなければ契約打ち切りと言われていたそうです(;・∀・)

平井堅の作品情報

平井堅の曲は本当に名曲ばかりなのですが、今回は絶対にはずせないこれらの曲を紹介します!!

▼代表曲の一つ「瞳を閉じて」

映画「世界の中心で愛を叫ぶ」の主題歌になった曲で、その年のオリコンシングルチャート年間1位を獲得しました。

▼「大きな古時計」

2002年、誰もが知る童謡のこの曲をカバーしました。
切なさのある曲ですが、温かみのある声で包み込んでくれます(^^)

スポンサーリンク

佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』の主題歌[平井堅『half of me』]について

黄昏流星群の主題歌平井堅「half of me」の歌詞が意味深でドラマの伏線?

10月スタートする佐々木蔵之介主演の「黄昏流星群」の主題歌が「half of me」に決定しました。

主題歌に抜擢されたこの楽曲は、2009年のコンセプト・アコースティックライブ『Ken’s Bar』で披露された未発表曲です。

開催20周年を迎えた『Ken’s Bar』のテーマ曲として知られる名曲「even if」で描かれているカップルの10年先の未来を歌った曲になっています。

それが今回のドラマ「黄昏流星群」の世界観とリンクしているということで、主題歌に決定しました。

▼平井堅新曲「half of me」

スポンサーリンク

佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』の主題歌「half of me」の歌手平井堅のコメントを紹介!

黄昏流星群の主題歌を担当する平井堅、そして主演の佐々木蔵之介、高田雄貴プロデューサー、平野眞監督からコメントがございましたので、ご紹介します♪

【平井堅 コメント】

決して1つにはなれないけれど、だからこそ1つになりたいと願う。生きると言う事は空白の半分を、欠損の半分を探す旅なのかもしれない。そんな思いを書きました。

 

【主演・佐々木蔵之介 コメント】

撮影のちょっとした合間、監督にこっそり呼ばれてスタジオの隅へ。タブレットから洩れる小さな歌声。その一角が、柔らかな優しい空気に包みこまれました。平井さんの唯一無二の素晴らしい歌声が、今作を美しく彩り、物語に深みを与えてくださいました。とても幸せです。

 

【高田雄貴プロデューサー コメント】

“いい年をした大人たち”は幾多の苦難に囲まれ、みな傷だらけです。このドラマはそんな大人たちが不器用に純粋に走り回る話です。そのため主題歌は、劇中人物のみならず、ドラマを見た全ての人を愛おしく包む歌にしたい、と望んでいました。そんな包容力がある世界を歌えるのは平井堅さんしかいないと思い、お願いしたところ、“half of me”という素晴らしい楽曲をご提供いただけることになり、たいへん感謝しております。初めてこの曲を聞いた時、広がる情景に心震えました。ぜひ視聴者の皆さんも一緒にこの楽曲の世界に包まれていただきたいと思います。

 

【平野眞監督 コメント】

ある日、平井堅さんのライブを見た知り合いから、興奮した様子で“センチメンタル”という曲を紹介されたのですが、淡く切ないノスタルジックなバラードで、一瞬にして“アーティスト平井堅”に魅了されました。そして、撮影中に初めて“half of me”を聴いたのですが、想像していた以上に優しいフレーズと心のこもった声が流れてきて、その瞬間、必然的に画面で何を表現し何を演出すれば良いのか教わりました。曲に左右されるのはまれなことで、とても新鮮です。

[公式HP引用]

スポンサーリンク

佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』の主題歌[平井堅「half of me」の歌詞は?

「half of me」の現在わかる範囲の歌詞を記載しますね(*’A`*) ※2018/9/30時点 耳コピで公式発表された歌詞ではありませんので、間違っておりましたらご容赦くださいm(__)m

作詞 作曲:平井堅

飲み物でも買いに行くように 君はじゃぁねと言った
閉めたドアの音が重く響いて この胸を引き裂いた
君が置いて行った雑誌にはコップのシミが出来て
乾いて消えるかと思ったら あざのように残った

窓を開けて空を見上げ 君がいない世界が待ってる
何を残し何を捨てればいい 泣き出しそうな思いで抱きしめた

何を見ても何に触れていても 二人で分け合った事に気付く
窮屈だった夜ほど愛してく 痛みだけがそばにいた

新しいキスをいくつもして塗り替えたつもりでも
君という空白は埋まらない あの日からずっと

You’re the other half that makes me whole
LaLaLa…

抱えた傷は形を変え いつしか体の一部になる
人はどうして叶えられぬものを引きづりながら生きていくのだろう

何を見ても何を感じても 二人で分け合った事に気付く
僕はこれからも探すのだろう 失われた半分を
何を残し何を捨てればいい 何を忘れ何を願えばいい
誰もが迷い探し続けてる 壊れやすい永遠を 失われた半分を

情景が浮かぶような、素敵なバラードですね(^^)

佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』主題歌「half of me」の歌詞が意味深!ドラマの伏線が?

素敵な歌詞の「half of me」ですが、黄昏流星群とはどんな関係があるのでしょうか? ドラマ主題歌にはストーリー展開が伏線として隠されていることも多いです!それでは歌詞を各フレーズ毎に考察してきます!!!

飲み物でも買いに行くように 君はじゃぁねと言った
閉めたドアの音が重く響いて この胸を引き裂いた君が置いて行った雑誌にはコップのシミが出来て
乾いて消えるかと思ったら あざのように残った窓を開けて空を見上げ 君がいない世界が待ってる
何を残し何を捨てればいい 泣き出しそうな思いで抱きしめた

日常生活の延長のように別れが訪れますが、その別れはいつまでも忘れることは出来ません。
一緒に年を重ねた時間が、より別れを重く悲しいものにさせます。
黄昏流星群は、「いい年をした大人」だからこその恋愛の切なさや葛藤が描かれるドラマです。
既婚者が運命の相手と出会ってしまった。
社会人としての立場があるし、守るべき家族もいる。
それぞれがそれぞれの立場で、
自分の思いと、簡単には思うようにできない葛藤と戦います。

何を見ても何に触れていても 二人で分け合った事に気付く
窮屈だった夜ほど愛してく 痛みだけがそばにいた
一緒にいる間、嬉しいことも悲しいことも分かち合っていたことが分かります。深い部分でつながっていたのでしょう。
相手のことをそれだけ必要としていたんですね。
一緒に居たいけれど、そうすることが出来ない切なさや辛さが伝わります。

新しいキスをいくつもして塗り替えたつもりでも
君という空白は埋まらない あの日からずっと

You’re the other half that makes me whole
LaLaLa…

どれだけ新しい出会いが訪れたとしても、心の中にポッカリと空いた穴は埋まりません。
自分の一部になっていたはずの人がいなくなる・・
そんな大切な人の代わりになる人なんていないのです。
運命の人なんて、何歳で出会うか分からないから怖いのだ」がドラマのキャッチコピーとなっていますが、出会うタイミングが少しずれただけで全く違う環境になってしまいます。
簡単には一緒にいられない状況の中ででも、思いは強くなり大切な人になっていくのです。

抱えた傷は形を変え いつしか体の一部になる
人はどうして叶えられぬものを引きづりながら生きていくのだろう

心の穴を埋めてくれることはないけれど、その傷すらも自分のものになる。
その痛みを抱えながら生きていかなくてはなりません

何を見ても何を感じても 二人で分け合った事に気付く
僕はこれからも探すのだろう 失われた半分を
何を残し何を捨てればいい 何を忘れ何を願えばいい
誰もが迷い探し続けてる 壊れやすい永遠を 失われた半分を

自分の半分になっていたものを失くしたとしても、誰もが探し続けています
ドラマの登場人物たちはそれぞれ苦悩しています。

「家庭を持っている仕事一筋の男性が挫折した時に運命の女性と出会った」
「専業主婦として育てた一人娘の結婚で喪失感いっぱいの女性が隙間を埋めてくれる男性に出会った」
「孤独な人生を送ってきた女性が自分を見つめなおした時に、男性と奇跡的な出会いを果たした」

この歌詞を一人一人の立場に当てはめていくと、それぞれの葛藤が見えてくる気がします。

すべて考察にすぎませんが、ドラマと主題歌は関係を考えるのは面白いですよ♪皆様もぜひ♪

佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』主題歌[平井堅「half of me」の発売日やリリース情報は?

平井堅の新曲「half of me」の発売日やリリース情報を紹介します♪

●リリース情報

2018/9/30現在、まだリリースの情報は出ていません。

佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』主題歌[平井堅「half of me」]のツイッター(twitter)口コミ評判をご紹介!

最後に、佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』の主題歌平井堅「half of me」のツイッター(twitter)口コミ評判ご紹介します♪

皆さんもぜひ、『黄昏流星群』の中で流れている平井堅「half of me」を聞いてみてくださいねo(^-^)o

あわせて読みたい
【2018秋ドラマ一覧】10月スタート!視聴率・主題歌・あらすじ・キャストまとめ!
【2018秋ドラマ一覧】10月スタート!視聴率・主題歌・あらすじ・キャストまとめ!【2018秋ドラマ一覧】10月スタート!視聴率・主題歌・あらすじ・キャストまとめ!毎年、名作や期待作がうまれる秋クール!2018年は期待...