2018年秋ドラマ

プリティが多すぎる最終回ネタバレ&原作結末!ラストは南吉と利緒が急接近で恋人に?!

プリティが多すぎる最終回ネタバレ&原作結末!ラストは南吉と利緒が急接近で恋人に?!
 

プリティが多すぎる最終回ネタバレ&原作結末!ラストは南吉と利緒が急接近で恋人に?!10月から始まる秋ドラマ・プリティが多すぎるの、最終回のネタバレや原作の結末について紹介していきます!!ラストは南吉と利緒が急接近!?二人は恋人に!?プリティが多すぎるについて解説します!!

ぬまくん
ぬまくん
大人気の千葉雄大くんが主演のドラマ「プリティが多すぎる」がついに始まるわん!!
くろちゃん
くろちゃん
「プリティが多すぎる」はかわいい史上主義の部署に配属された千葉雄大くんが奮闘する話だにゃん♪とっても面白そうだにゃん♬
スポンサーリンク

『プリティが多すぎる』のキャスト/役柄/相関図

まずはじめに、『プリティが多すぎる』に出演するキャストを紹介します(*>ш<*)

新見佳孝(俳優:千葉雄大)

プリティが多すぎる最終回ネタバレ&原作結末!ラストは南吉と利緒が急接近で恋人に?!http://www.japanmusic.jp/2010/08/post-74.html

新見佳孝 通称・南吉。Pipin編集部の新米編集者。もとは文芸編集のエースだったが、ある日Pipin編集部に異動になった。
プライドとエリート意識が高い。
(千葉雄大) 1989年3月9日生まれ。宮城県出身。
雑誌CHOKi CHOKiで専属モデルをした後、事務所に所属、「天装戦隊ゴセイジャー」で主演を務める。ドラマ「わろてんか」「高嶺の花」映画「帝一の国」など多数出演。

三田村詩織(女優:堀内敬子)

プリティが多すぎる最終回ネタバレ&原作結末!ラストは南吉と利緒が急接近で恋人に?!http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/126.html

三田村詩織 Pipinの編集長。みんなの母親のような存在。
穏やかだが視点は鋭い。
(堀内敬子) 1971年5月27日生まれ。東京都出身。
高校卒業後、劇団四季に在籍し、「キャッツ」「美女と野獣」など、数々の作品のヒロインを務めた。映画「THE 有頂天ホテル」ドラマ「ショムニ」など、出演作は多数。

佐藤利緒(女優:佐津川愛美)

プリティが多すぎる最終回ネタバレ&原作結末!ラストは南吉と利緒が急接近で恋人に?!http://www.horipro.co.jp/satsukawaaimi/

佐藤利緒 Pipin編集部員で、南吉の世話係を担当する。
仕事一筋で、恋は休憩中。
(佐津川愛美) 1988年8月20日生まれ。静岡県出身。
銀幕デビューは「蝉しぐれ」。第48回ブルーリボン賞助演女優賞にノミネートされた。他にもドラマ「最後から二番目の恋」など、様々な作品に出演している。
スポンサーリンク

柏崎龍平(俳優:杉本哲太)

プリティが多すぎる最終回ネタバレ&原作結末!ラストは南吉と利緒が急接近で恋人に?!http://www.siscompany.com/02manage/38sugimoto/

柏崎龍平 文芸部の編集長で南吉の元上司。人気作家を口説き落とすには手段は選ばない、売り上げ至上主義者。
(杉本哲太) 1965年7月21日生まれ。神奈川県出身。
1982年にロックバンドとして芸能界デビュー。その後ドラマや映画など人気作品には欠かせない存在に。「救命病棟24時」や「アウトレイジ」など、多数に出演。

近松吾郎(俳優:中尾明慶)

プリティが多すぎる最終回ネタバレ&原作結末!ラストは南吉と利緒が急接近で恋人に?!http://www.horipro.co.jp/nakaoakiyoshi/

近松吾郎 文芸編集部の編集部員で、南吉の同期でありライバル。性格としてはお調子者。
(中尾明慶) 1988年6月30日生まれ。東京都出身。
2000年、子役としてデビュー。「3年B組金八先生」「WATER BOYS2」など多数に出演している。

▼キャスト相関図

スポンサーリンク

プリティが多すぎる』のストーリー/あらすじ

次に『プリティが多すぎる』のストーリーとあらすじを紹介します(*>ш<*)

大手出版社で働く新見佳孝(千葉雄大)同期(中尾明慶)も羨む文芸編集部のエース。しかし、ある日突然編集長(杉本哲太)から原宿系ファッション雑誌「ピピン」への異動を命じられる。

 

不貞腐れて出社した新見を待ち受けていたのは勝気な利緒(佐津川愛美)をはじめ、曲者揃いの女性スタッフ&ド派手ファッションのわがままモデルたち

エリートの俺がなんでこんな仕事を!

カワイイ至上主義の世界に放り込まれた男子の運命は…!?

[公式HPから引用]

スポンサーリンク

『プリティが多すぎる』ドラマ版は原作と違う最終回結末(ラスト)?

続いて『プリティが多すぎる』の原作情報を紹介します(*>ш<*)

『プリティが多すぎる』に原作はある?

『プリティが多すぎる』は原作があります! 原作の『プリティが多すぎる』は、大崎梢による小説「プリティが多すぎる」です。

元本屋の店員で、推理小説や小説を書く作家さんです!

スポンサーリンク

『プリティが多すぎる』ドラマ版の最終回は原作結末(ラスト)と違う?

原作とドラマには違いがあるのでしょうか?

「Pipin」は、原作ではローティーン向けの月刊誌という設定ですが、ドラマでは原宿系ファッション誌になっています。

また、登場人物の「レイ」ですが、ドラマのオリジナルキャラクターのようです!!

少しずつ設定に違いがあるので、ストーリーの進み方も原作とは多少違いがあると思われます。

スポンサーリンク

『プリティが多すぎる』の最終回ネタバレ/原作結末(ラスト)

では『プリティが多すぎる』の原作はどんな結末を迎えるのでしょうか?ここからは原作の結末を見ていきます!!

文芸本の編集者を目指して出版社「千石社」に入った主人公・佳孝
ですが、春の人事異動で希望とは真逆の「Pipin」に配なってしまいます。
ローティーンの子たちの「可愛い!」を集めたファッション雑誌は、佳孝には理解できず、全くやる気が起きません。
しかししばらくすると雑誌の企画の立案をしたり仕事を任され、失敗を繰り返しながら編集者として徐々に成長していきます
とはいえPipinに対しては苦手意識が消えず、プロ意識の欠如からさらに大きなミスをしてしまいます。
異動から7ヶ月ほど経った頃、新しいブランドである「TJラッシュ」の広告ページを作るための撮影現場を一人で任されます
撮影当日、トラブルが発生します。
たまたま訪れた中学生モデルのジュリによって無事に撮影が終わりましたが、そのことで大口スポンサーである「リーラモニカ」を怒らせ、編集長の首がかかる程の大事件に!!

助けてくれたジュリのことも深く傷つけてしまいました。佳孝が解決策を見つけ、契約を継続してもらう事になりますが、結果的にはジュリのモデルのキャリアをも壊してしまったのです。

落ち込むジュリ。

佳孝は、プロ意識をもって取り組んでいたら防げたミスだったと猛省し、まわりの人たちに助けられながら最後にはジュリの強さに救われました。

ラストは佳孝も興味の深い、素晴らしい作品を書く小説家がPipinを絶賛する現場に居合わせ、佳孝の心にも変化が生まれます。

いろいろな失敗や成功を繰り返し、異動から1年経過。

Pipinの良さや存在意義を強く実感し、「文芸にだって負けない」と胸を張れるようになりました。

スポンサーリンク

『プリティが多すぎる』に関する口コミ評判・ツイッター(twitter)反響

最後に、プリティが多すぎるの視聴者からの口コミ評判や意見・感想・反響をご紹介します♪

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

【プリティが多すぎる】見逃し動画を無料で見るならhuluで!▼

「プリティが多すぎる」の見逃し動画を今すぐ無料で見たい方はこちら!

 

あわせて読みたい
【2018秋ドラマ一覧】10月スタート!視聴率・主題歌・あらすじ・キャストまとめ!
【2018秋ドラマ一覧】10月スタート!視聴率・主題歌・あらすじ・キャストまとめ!【2018秋ドラマ一覧】10月スタート!視聴率・主題歌・あらすじ・キャストまとめ!毎年、名作や期待作がうまれる秋クール!2018年は期待...