ハラスメントゲーム

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!

ハラスメントゲーム|1話動画を無料でフル視聴!1円玉を混入した犯人は?!
 

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!セワハラにパワハラだらけの現代社会。一風変わったコンプライアンス室長が独自の視点で問題解決するハラスメントゲーム!ドラマ『ハラスメントゲーム』の最終回ネタバレと原作結末をご紹介!

ぬまくん
ぬまくん
くろちゃん、唐沢さんの秋津コンプライアンス室長って、セクハラギリギリなのに憎めないんだよね。広瀬アリスちゃんも可愛いし、ハラスメントゲーム楽しみだわん。
くろちゃん
くろちゃん
ぬまくん、唐沢さん好きだものね♪今回は、ハラスメントゲームの原作結末と最終回ネタバレを紹介するね。ちなみにアリスちゃん可愛い発言はイエローカードだにゃん。
あわせて読みたい
ハラスメントゲーム|1話動画を無料でフル視聴!1円玉を混入した犯人は?!
ハラスメントゲーム|1話動画を無料でフル視聴!メロンパンに××を混入?!ハラスメントゲーム|1話動画を無料でフル視聴!メロンパンに××を混入?!ハラスメントゲーム1話動画を全編無料で見逃しフル視聴する方法はコ...
スポンサーリンク

『ハラスメントゲーム』のキャスト/役柄/相関図

まずはじめに、『ハラスメントゲーム』に出演するキャストを紹介します(*>ш<*)

秋津 渉(俳優:唐沢 寿明)

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!

秋津 渉 業界大手老舗チェーン、一部上場企業「マルオーホールディングス」のコンプライアンス室長。空気を読む力に富み、交渉力に長けている。事情により富山へ左遷されていたが、ある日突然本社に呼び戻されて・・・
(唐沢 寿明) 1963年東京都出身。1988年朝ドラ「純ちゃんの応援歌」(NHK)ほかでドラマデビュー。出演作は、ドラマ「白い巨塔」(CX系)、映画「20世紀少年」、ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」(NTV)など多数。

高村 真琴(女優:広瀬 アリス)

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!

高村 真琴 マルオーホールディングス コンプライアンス室所属。秋津と二人だけのコンプライアンス室を切り盛りするしっかり者。入社4年目ながら、物おじせずに上司にも自分の意見をすることができる、芯のある女性。
(広瀬 アリス) 1994年静岡県出身。ファッションモデルやケータイドラマ出演を経て、2010年NHK連続ドラマ「激恋」にて全国デビュー。出演作は映画「巫女っちゃけん。」、ドラマ「正義のセ」(NTV)、連続テレビ小説「わろてんか」など多数。

矢澤 光太郎(俳優:古川 雄輝)

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!
矢澤 光太郎 B&T法律事務所所属で、マルオーホールディングスの顧問弁護士。「若いのに冷静沈着」と評判の弁護士。
(古川 雄輝) 1987年東京都出身。2011年ドラマ「アスコーマーチ」(EX)ほかでデビュー。出演作は、映画「L-エル-」、ドラマ「べっぴんさん」(NHK連続テレビ小説)、「重要参考人探偵」(EX)など多数。
スポンサーリンク

小松 美那子(女優:市川 由衣)

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!

小松 美那子 マルオーホールディングス役員担当秘書。容姿端麗で、仕事だけでなく身だしなみにも余念がない。多くを語らず何か謎めいている。
(市川 由衣) 1986年東京都出身。2002年ドラマ「ごくせん」(NTV)のゲスト出演などでデビュー。主な出演作は、映画「アリーキャット」、ドラマ「東京全力少女」(NTV)、「越路吹雪物語」(EX系)など多数。

丸尾 隆文(俳優:滝藤 賢一)

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!

丸尾 隆文 マルオーホールディングス代表取締役CEO。父から経営を受け継いだ三代目。秋津を本社へ呼び戻した張本人だが、そこには別の思惑もあって・・・
(滝藤 賢一) 1976年愛知県出身。2000年、無名塾の舞台「どん底」でデビュー。代表作に、映画「虹色デイズ」、ドラマ「半沢直樹」(TBS)、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」 (テレビ東京)、「探偵が早すぎる」(NTV)などがある。

脇田 治夫(俳優:髙嶋 政宏)

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!
脇田 治夫 マルオーホールディングス店舗&店舗開発担当 常務。計算高く、用意周到で抜け目がない。本社にいたころの秋津と何か因縁があるようだが・・・
(髙嶋 政宏) 1965年東京都出身。1987年「トットチャンネル」で映画デビュー。代表作はドラマ「ストロベリーナイト」(CX)、「刑事7人」(EX)、映画「本能寺ホテル」「未成年だけどコドモじゃない」、舞台「王様と私」「エリザベート」などがある。
スポンサーリンク

秋津 瑛子(女優:石野 真子)

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!

秋津 瑛子 渉の妻。普段はパートで働く主婦。歯に衣着せぬ言い方をするが、内心夫を心配し、家族を支えている。どん底を経験した渉の良き理解者であり、支えになっている。
(石野 真子) 1961年兵庫県出身。1977年「スター誕生」(NTV)に合格して翌年デビュー。その年の日本レコード大賞新人賞ほか新人賞を総ナメにする。出演作は、「特捜戦隊デカレンジャー」(EX)、「ボク、運命の人です。」(NTV)、映画「グッバイエレジー」など多数。

 

▼キャスト相関図

ハラスメントゲーム最終回ネタバレ&原作結末!ラストは市川由衣が黒幕で衝撃の裏切り?!

スポンサーリンク

ハラスメントゲーム|ストーリー/あらすじ

次に『ハラスメントゲーム』のストーリーとあらすじを紹介します(*>ш<*)

「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」...日、テレビやネットで取り上げられる「ハラスメント」事件。会社で働く人だけでなく、全ての人が悩み苦しんでいるタイムリーかつセンシティブなテーマを真っ向から描いてゆく。 唐沢演じる主人公・津(あきつ)渉(わたる)は、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の富山支店長。ある事情から左遷され、家族で地方に移り住んでいた。

しかし、ある日、コンプライアンス室長として本社に呼び戻される。そこには、長や取締役たちのある思惑が隠されていた……。

社内に起こる様々なハラスメント問題を、抜なアイデアと手法で解決してゆく主人公と仲間たちの活躍を一話完結シリーズとして描いていきます。

[公式HPから引用]

スポンサーリンク

『ハラスメントゲーム』ドラマ版は原作と違う最終回結末(ラスト)?

続いて『ハラスメントゲーム』の原作情報を紹介します(*>ш<*)

『ハラスメントゲーム」』に原作はある?

『ハラスメントゲーム』は原作があります! 原作の『ハラスメントゲーム』は、『白い巨塔』『14才の母』『昼顔~水曜午前3時の恋人たち~』『緊急取調室』『BG~身辺警護人~』など社会派ヒューマンドラマを描く人気脚本家・井上由美子、待望の書下ろし小説デビュー作です。
今話題のコンプライアンス室を舞台に、さまざまなハラスメント問題と会社の闇を描く、スリリングなエンタメ企業小説!(河出書房新社HPより)

『ハラスメントゲーム』ドラマ版の最終回は原作結末(ラスト)と違う?

ドラマ『ハラスメントゲーム』は、原作者の井上由美子さんが脚本も担当しています。

また、原作小説の発売は10月8日!そうです、ドラマ初回の1週間前になります。そして、その原作本では、エピソードが5話しかありません。つまり、少なくとも4~5話分のお話しが未収録の書下ろし脚本ではないか?と推測出来ます。

ここで、井上先生からのコメントを紹介します。

『今、ハラスメントという言葉を聞かない日はありません。今日、パワハラを受けたあなたが、明日にはセクハラで訴えられるかもしれない世の中です。こんな窮屈な時代をどう生き抜けばいいのか。失言だらけのおじさん・秋津とこりない登場人物たちの物語がささやかなヒントになればうれしいです。働くこと、人と付き合うことは本来、とても楽しいコト。そんな気持ちを思い出せる作品にしたいと思います』(制作発表記者会見より)

「窮屈な時代を生き抜くヒント」だから、「痛快ヒューマンエンターテインメント」なんですね。

次に、主役の秋津 渉の唐さんのコメントを紹介します。

秋津のキャラクターは、空気が読めなくて変な人ですよ。でも脚本よりも、もう少し変わった感じで演じようと思っています。秋津は当て書きなんじゃないかなとも思います(笑)。

(中略)

このドラマには、ハラスメント問題を成敗していくだけじゃない、大きなテーマがあると思います。視聴者の方々には、そのテーマを考えながら見ていただけたらいいなと思います。

(中略)

もちろん伝え方も大切だけど、捉え方も大切なんだと思います。

スポンサーリンク

『ハラスメントゲーム』の最終回ネタバレ/原作結末(ラスト)

では『ハラスメントゲーム』の原作はどんな結末を迎えるのでしょうか?ここからは原作の結末を見ていきます!!

午前10時、富山にあるマルオースーパーではいつものように開店の軽快な音楽が響き渡ります。出勤前に朝釣りを楽しんだ店長の秋津渉は、パートたちの「来られませ!」の声が響く中やってきた事務の女性スタッフに呼び止められました。「店長、本社の人事部からお電話です」

その度1時間ほど前、本社では緊急の役員会議が行われていました。議題は今朝始業と同時にかかってきたクレーム電話でした。内容は、「自社ブランドのクリームパンに1円玉が入っていた」というもの。

重役たちが「たかだかパンへの異物混入」と言っていられないのにはがありました。まもなく社長肝いりの新店舗「品川インターナショナル店」のオープンが控えていたのです。対応を違えたら、新店舗のオープンどころではありません。

前室長が休職中の中一人でコンプライアンス室を切り盛りしてきた高村真琴は、報告書を書き上げ「迅速な公表」を提案します。

しかし、世間の評判を気にする社長は、事態の公表ではなく「新コンプライアンス室々長」に事態を迅速に調査・解決させようと言い出します。7年前自ら本社を追い出した“あの男”を呼び戻すというのです。

かくして再び社に帰ってきた“失言だらけのかつてのエリートサラリーマン”は、会社の中の見えない敵“ハラスメント”と対決していくことになります。ヤンママのクレームの本当の理由を知った秋津と真琴は、クレーム騒動の本当の犯人を見つけ出します。それでも秋津は「真実」ではなく、「会社を守るための対応」を提案します。でもそれは、誰も傷つかない提案でした。

着任最初の「ハラスメント対策」を成功させた秋津に、社長は室長としての業務以外の任務を指示します。そう、社長には「社内のハラスメント対策」とは別の思惑があったのです。ベテランパート一揆イクメン、パタハラ問題など、「ハラスメント問題」の対応をする一方で、秋津は社長の秘密の任務を進めていきます。社長の思惑は思惑を呼び、秋津はどんどん会社の派閥争いに巻き込まれていきます。

そして遂には、秋津の身に思わぬ大事件が巻き起こってしまいます。それと同時に信じていたあの人の裏切りも発覚します。秋津コンプライアンス室長人生最大のピンチ!無事に解決することが出来るのでしょうか?

義感でも倫理観でもなく、失言ばかりでおよそコンプライアンス室長らしくない秋津が、独自の視点と論理で見えない敵「ハラスメント」と戦います。「俺は、割の合わない事ほど必死になるんだよ」好きな事を言って、楽しんで仕事をする、そんな秋津渉は正義の味方ではありませんが、等身大でとても人間味あふれる素敵な司だと思いました。

今日も、コンプライアンス室では頼りなさそうな秋津と、しっかり者の真琴が「ハラスメント」の被害者の談を受けています。

スポンサーリンク

『ハラスメントゲーム』に関する口コミ評判・ツイッター(twitter)反響

最後に、『ハラスメントゲーム』の視聴者からの口コミ評判や意見・感想・反響をご紹介します♪

あわせて読みたい
ハラスメントゲーム|1話動画を無料でフル視聴!1円玉を混入した犯人は?!
ハラスメントゲーム|1話動画を無料でフル視聴!メロンパンに××を混入?!ハラスメントゲーム|1話動画を無料でフル視聴!メロンパンに××を混入?!ハラスメントゲーム1話動画を全編無料で見逃しフル視聴する方法はコ...
あわせて読みたい
【2018秋ドラマ一覧】10月スタート!視聴率・主題歌・あらすじ・キャストまとめ!
【2018秋ドラマ一覧】10月スタート!視聴率・主題歌・あらすじ・キャストまとめ!【2018秋ドラマ一覧】10月スタート!視聴率・主題歌・あらすじ・キャストまとめ!毎年、名作や期待作がうまれる秋クール!2018年は期待...