2019年冬ドラマ

ミラーツインズ|最終回ネタバレ&原作結末!20年を経て動きだす真相!

ミラーツインズ|最終回ネタバレ&原作結末!20年を経て動きだす真相!

ミラーツインズ|最終回ネタバレ&原作結末!20年を経て動きだす真相!まだキャストが一人も明らかになっていないミラーツインズ。オリジナル脚本のミラーツインズはどんな話なのでしょうか?誘拐犯に攫われた兄の行方は?気になるドラマの最終回ネタバレ&原作結末について予想していきます。

ぬまくん
ぬまくん
たしか、ミラーツインズってたしか鏡合わせみたいに、利き手が反対だったり、つむじが逆周りだったりする双子のことだったわん?そんなことが、ドラマと何の関係があるのかわん?

くろちゃん
くろちゃん
そう言われても、まったく予想ができないにゃん。あと、体の臓器の位置が逆転してるのもミラーツインズの特徴にゃん。ドラマ中で、拳銃に撃たれても心臓の位置が逆で助かったなんて展開もベタだけどありそうにゃん。

スポンサーリンク

『ミラーツインズ』のキャスト/役柄/相関図

まずはじめに、『ミラーツインズ』に出演するキャストを紹介します(^▽^*)♪

【キャストは判明しておりません】

▼キャスト相関図

【キャスト相関図は判明しておりません】

スポンサーリンク

『ミラーツインズ』のストーリー/あらすじ

次に『ミラーツインズ』のストーリーとあらすじを紹介します(・ω・)b

資産家の息子である葛城圭吾と勇吾は双子の弟と兄。

真面目な圭吾とは反対に、勇吾は奔放な性格。10歳の頃、公園で遊んでいた時も、時計を見て「もう帰ろう」と言う圭吾の言葉を勇吾は聞かず、圭吾は勇吾を置いて一人家路に向かう。その後、勇吾は誘拐犯に拉致されてしまう。

それから20年、勇吾の事件は未解決のまま、勇吾の行方どころか生死すら分かっていなかった。

圭吾は自ら事件の真相を明らかにしようと、刑事になっていた。圭吾にとって唯一心を許せる恋人・里美との仲がなかなか進展しないのも、人生の全てを20年前の誘拐事件の真相解明に注いでいるからだった。

そんな中、圭吾の父がテレビ番組で事件の情報提供を呼びかけ、有力な情報には懸賞金1億円を私的に支払うと語る。

やがて一件の殺人未遂事件が起こる。

刺されたのは番組を見て情報提供をしようとした男性。圭吾はたまたま近くにいたことで第一発見者となるが、そこで驚きの事実を告げられる。

犯行現場に残されていた毛髪と圭吾のDNAが一致したのだ。圭吾と同じDNAを持つのは誘拐された兄・勇吾だけ。

圭吾は、勇吾は生きていると確信するが、だとしたらなぜ家に戻ってこないのか、そしてなぜ殺人未遂事件を起こしたのか……

[公式HPから引用]

スポンサーリンク

『ミラーツインズ』の原作はある?

続いて『ミラーツインズ』の原作情報を紹介します(*>ω<*)

『ミラーツインズ』は原作がなく、完全オリジナルストーリーです!

人気コミックを原作にしたドラマや特撮を多く手掛け、他にもサスペンス作品を担当したことのあり、仮面ライダーやルパン三世など名高い作品数多く手掛ける脚本家の高橋悠也

『仮面ライダーエグゼイド』で仮面ライダーシリーズに初参加し、テレビ本編全45話、劇場版、Vシネマ3部作を1人で書き上げ、エグゼイド映画3作(仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー、劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング、仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー)と映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を担当した仮面ライダーの匠ともいえる脚本家が描くオリジナル作品です。

また、高橋悠也は、名探偵コナン 工藤新一への挑戦状〜さよならまでの序章、死ぬかと思った、ご近所探偵・五月野さつき2・殺意の同窓会、夢をかなえるゾウに出演したことのある俳優でもあります。

このドラマは、ドラマ放送前に寺山マルがコミカライズし『月刊!スピリッツ 2019年1月号』から連載しています。

寺山マルは、2015年デビューの新進女性漫画家で、女性ならではの繊細なタッチで圭吾と勇吾、二人の双子サスペンスの世界を上品に彩っています。

スポンサーリンク

『ミラーツインズ』の最終回ネタバレ/原作結末(ラスト)

では『ミラーツインズ』の最終回はどんな結末(ラスト)を迎えるのでしょうか?ここからは結末を予想していきます!

公開されている情報から、兄・勇吾は生きていて、圭吾の父がテレビ番組で事件の情報提供を呼びかけに応じてくれた男性を刺して殺人未遂事件を起こしたことが、現場に残っていた証拠から分かります。

その後、兄・勇吾は弟・圭吾の写真を見詰め「ようやく、俺の復讐(ふくしゅう)が始まる」とつぶやくシーンがあり、兄・勇吾が犯人の場合、殺人未遂事件は復讐とは関係ないことが分かります。

圭吾の写真を見詰めながら言う復讐とはなんなのか、家に帰らない理由は、殺人未遂事件の動機は、まだまだ謎だらけで先がどうなっていくのか全く分かりませんが、ここから先は、あくまでも想像でネタバレ予想してみます。

 

 まず、大前提として、兄・勇吾が犯した殺人未遂事件は、勇吾は関係のない事件だと考えています。

懸賞金1億円目当ての弟・圭吾の物を使った被害者男性による自作自演だと思っています。

何故なら、復讐が始まるなら、この殺人未遂事件も含んでいるべきだと思うからです。

刑事の同僚に誘拐犯がいて、知られるわけにはいかないが、弟の元には戻りたいから圭吾の写真を見詰めながら呟いていたのだと思います。

同僚の裏切り者の誘拐犯を追い詰め、誘拐犯と兄の関係が明かされ、二人の信念の先に和解するも、誘拐犯を追い詰めるため罪を犯した兄は逮捕される。

刑事を続けていく意味をなくした弟は退職して穏やかに過ごすそんな終わり方になるのではないでしょうか?

さまざまな登場人物に二面性があるので、その分だけ登場人物が二倍に増えているような感覚に陥りました。それが苦労でもあり刺激でもあったように思います。

刻一刻と変わっていく状況の中で、時に正反対の顔を見せる者たちの物語を楽しんでいただけたら幸いです。            高橋悠也のコメント

高橋悠也のコメントから、様々な登場人物も彩りを添えると思います。

スポンサーリンク

『ミラーツインズ』に関する口コミ評判・ツイッター(twitter)反響&みどころ!

最後に、黄昏流星群の視聴者からの口コミ評判や意見・感想・反響をご紹介します♪

 

 

 

 

ミラーツインズ動画を無料で見るならU-NEXTで!(放送開始後にご覧になれます)▼

 U-NEXT

公式サイトはこちら